カテゴリー「2016夏 北海道ツーリング」の記事

2016年9月 1日 (木)

第1193段:2016年夏 北海道ツーリング記(19)~室蘭・白鳥大橋

 それでは、白鳥大橋を渡る様子を動画に撮ったので、見てみよう。
 例によって、動画再生時は音が出ます。パソコンの音量にご注意ください。



(つづく)


 にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

2016年8月31日 (水)

第1192段:2016年夏 北海道ツーリング記(18)~室蘭

 現在、13:45。
 遙か先にすごい大きな客船が停泊している。
 やきとり丼を食べているときに客同士の会話を聞いていたのだけど、白鳥大橋の下をく
ぐれなくて、あそこに停泊しているらしい。

20160731_3469r

 そう言えば、東京でもレインボーブリッジをくぐれない大型クルーズ船は大井コンテナ埠
頭近くの暫定寄港場所に停泊しているとか。2020年の五輪を見据え、隣家副都心に大
型クルーズ船の停泊拠点を整備する、なんて話があった。

 クルーズ船の写真を撮ったあと、屋台村の隣にある公衆トイレで歯を磨き、現在14:12。
白鳥大橋を渡って、伊達に向かう。

(つづく)


 にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

2016年8月30日 (火)

第1191段:2016年夏 北海道ツーリング記(17)~室蘭での昼食

 持ってきた地図によれば、郵便局の前の道を挟んで対面にあるはず、なのだが、5回くら
いぐるぐる回ってもお店が見つからない。ツーリングマップル北海道は2015年版。最新で
はないとはいえ、昨年買ったものだ。それには「味の大王」は載っているのに、お店が見つ
からない。人に訊けば良かった。人見知りなんです(^^;。

 後で分かったことだが、地図に記してあるお店の位置が間違っていたのだった。時間の
ムダなので、探すのをあきらめ、昼食は別でとろう。

 13:13、再び道の駅「みたら室蘭」へ戻って来た。その隣にある「むろらん屋台村」。そこの
 「室蘭やきとり丼」というのを食す。税込み820円也。まぁまぁ美味。ご飯の量がちょっと少
ないけど、観光地値段だな。


20160731_3483r

20160731_3487r_2
↑いちばん手前のやきとり丼と書いてあるお店に入った。

Imgp0699r
↑室蘭やきとり丼。 ちょっと量が少ないけど美味。820円也。

 

(つづく)

 にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

2016年8月29日 (月)

第1190段:2016年夏 北海道ツーリング記(16)~室蘭・白鳥大橋

 11:22 チャラツナイ展望台を出発。
 11:40頃、道の駅「みたら室蘭」着。


20160731_3485r

 いつも北海道に行くたびに買ってしまう道の駅のスタンプラリー帳。5日くらいしか北海道
にいないのだから、10箇所も道の駅を巡ればいい方。使いかけのラリー帳が家にいくつあ
るのやら(^^;。 でも、今年も買ってしまった。200円也。


 道の駅から、白鳥大橋の写真を撮る。
 手前は道の駅に隣接しているパークゴルフ場。


20160731_3466r
↑白鳥大橋。 背景は曇り空。橋脚の色が白なので、引き立たない(^^;


 もう昼だ。道の駅で昼ご飯を食べようと思ったが、レストランは満席。地図で調べて、
「味の大王」というカレーラーメンが食べられるところに行ってみよう。込んでいるかもし
れないけど。

 その前に、室蘭港ナイトクルーズの情報を収集するため、道の駅の先にあるマリーナ
に行ってみる。12:15出発。

 マリーナは道の駅からすぐ。オートバイなら2分とかからないくらい。駐車場にオートバ
イを停めて、建物に入ってみる。ナイトクルーズはマリーナで受け付けている、ハズなの
だが、何時に出航するのか、いくらなのか、最低人数はあるのか、などの情報が分から
ない。表示もない。受付らしいところもない。係員もいない。どうなってるの?

 しかし、外の立て看板によれば、鯨、イルカウォッチングクルーズと室蘭のナイトクルー
ズの乗り場はここで間違いない。
 まぁ、利用するか分からないので、クルーズについてはここまでにして、昼食にしよう。

(つづく)

 にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

2016年8月28日 (日)

第1189段:2016年夏 北海道ツーリング記(15)~室蘭・地球岬

 駐車場に戻ってきた。お腹が空いたので、買い置きの菓子パンで腹ごしらえして、11:10
出発。道の駅「みたら室蘭」に向かおう。

 と思ったのだけど。。。(^^;
 地球岬のすぐ近くにある「チャラツナイ」展望台というのがあり、ここに立ち寄る。マイナー
なのか、駐車場には、車もオートバイも停まっていない。風景も一期一会だ。見ていこう。

20160731_3430r
↑チャラツナイ展望台は、地球岬展望台の西約1kmの位置にある。

20160731_3432r

20160731_3445r
↑ひときわ大きい円錐状の岩が “ムカル・イソ”(マサカリ岩)と呼ばれている。

20160731_3437r

20160731_3433r
↑ “チャラツナイ”はアイヌ語で「チャラルセ・ナイ」(滝をなしてサラサラと流れる小川)
  という意味だという。

   “ムカル・イソ”のアイヌ伝説についても触れられている。

(つづく)


 にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

2016年8月27日 (土)

第1188段:2016年夏 北海道ツーリング記(14)~室蘭・地球岬

 地球岬の展望台に向かう途中、トイレの前にある公衆電話。

 『地球』岬らしく、地球型のモニュメントの中にある。


20160731_3429r

ここまで凝らなくても。。。と思わないでもない。

話のネタにこの公衆電話から、実家へ電話をかけてみた(^^;。 もちろん繋がる。

主に中国人か台湾人の旅行者が、この前で記念撮影していた。

(つづく)

 にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

2016年8月26日 (金)

第1187段:2016年夏 北海道ツーリング記(13)~室蘭・地球岬

2016年7月31日(日) (3)

 天気は曇り。ここに来るまで少し雨がぱらついたが、明るくなってきたので、ブーツカ
バーとレインウェアの上は脱ぐことにした。

 旧室蘭駅駅舎を10:05出発。地球岬に向かう。

 10:15、地球岬到着。岬らしく、霧が出ている。地球岬はいつ来てもこんな感じだ。それ
ほど駐車している車が多いわけではないけど、警備員(駐車場の案内)が3人もいる。
ここに警備員がいるなんて初めて見た。

 しかしよく見ると、車は決して少ないわけではなかった。駐車場のさらに奥に乗用車
用の駐車場があった。メインの駐車場は、オートバイとバスの転回用に使っていた。

・・・・・

 観光客の言葉を聞いていると、やはり中国人が多い印象だ。
 岬の灯台はやはり霧の中。なんとか粘って、霧が一瞬晴れた瞬間の写真を撮った。


20160731_3406r
↑霧の中の地球岬灯台。水平線は見えない。晴れていると、地球の丸さが分かるの
だけど。。。


20160731_3421r
↑中国人はよく鐘を鳴らしていました。

20160731_3424r
↑地球岬の語源は、「ポロ・チケップ」(親である断崖)が、チケウエ→チキウと転訛した
 という。


20160731_3426r
↑晴れるとこんな感じ。地球岬は3回目くらいだけど、いつ来ても霧の中(^^;。

20160731_3427r
 
(つづく)


 にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

2016年8月25日 (木)

第1186段:2016年夏 北海道ツーリング記(12)~室蘭

2016年7月31日(日) (2)

 旧室蘭駅駅舎。現在は観光案内所になっている。
 以下に載せた説明看板によると、1997年(平成9年)までこの駅舎は現役だった
という。


20160731_3333r

20160731_3343r

20160731_3329r20160731_3345r

20160731_3346r

20160731_3347r

20160731_3349r

20160731_3356r
↑1999年(平成11年)に国の登録有形文化財に登録されている。


 さて、その観光案内所の中を見てみたが、目的の室蘭市街の地図は置いてなかった。
まぁ、いい。出発しよう。

(つづく)

 にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

2016年8月24日 (水)

第1185段:2016年夏 北海道ツーリング記(11)~苫小牧→室蘭

2016年7月31日(日) (1)

 何度か夜中に目が覚めてしまった。
 3:58に起きて、まだ暗かったのでまた寝る。
 次に起きたのは5:05だった。
 すぐに起きて撤収し始める。

 NHKラジオで天気予報を聞く。
 大まかだとこんな感じ。

石狩 晴れ 昼前から曇り  
檜山 曇り 昼過ぎまでときどき雨
渡島 〃
後志 曇り 昼過ぎ一時雨
胆振 曇り
上川 曇り 昼過ぎからときどき雨
留萌 〃
日高 曇りときどき雨
宗谷 曇り ところにより昼過ぎ雨
釧路 曇り 朝から昼過ぎ雨
網走 曇り

降水確率

道南、空知 50%
他 30%

 これから向かう先を考えると、胆振と渡島。
 つまり 「曇り 昼過ぎまでときどき雨」という天気ということだ。
 微妙だな。

 

 苫小牧の天気は曇り。濃い霧が出ている。
 6:30からのラジオ体操をしっかりやって(^^;、7:20に出発。

 コンビニに立ち寄り、雑誌『HO』を購入。ここで少し雨がぱらついてきた。
 レインウェアは初めから着ていたがレインブーツカバーは付けていない。ここで付けよ
う。
 7:47出発。

 8:25頃、白老町のオカモトセルフにて、給油。
 199.9km、5.57L。 燃費は約35.9km/L。
 トイレを貸してもらって、8:32、出発。

 9:25頃、JR室蘭駅着。駅のスタンプを押す。ついでにトイレ。室蘭の案内地図が欲し
かったが置いていないようだ。駅舎をバックにセローの写真を撮る。

20160731_3328r
↑JR室蘭駅。 円筒型の駅舎が特徴。空は相変わらずどんよりとした曇り。


 それでは、旧室蘭駅駅舎(現観光案内所)に行ってみよう。手に入らなかった室蘭の
案内地図が手に入るかもしれない。

(つづく)

 にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

2016年8月23日 (火)

第1184段:2016年夏 北海道ツーリング記(10)~苫小牧上陸

2016年7月30日(土) (3)

 雨は降っていなかった。
しかし、つい先ほどまでは降っていたらしく、路面が濡れてい
た。

 苫小牧フェリーターミナル(FT)前に一旦
オートバイを停める。

 FT内でホクレンフラッグのチラシをGET。道南では、黄色のフラッグ
しか手に入らない
ようだ。

 土産物店も覗いてみる。ここで北海道ツーリングの最後にお土産物を買ってもいいか
もしれない。いつも時間がなくて、その余裕がないけれど。

 気温が低く、路面も濡れているため、レインウェアを着て20:30頃FTを出発。

 途中、コンビニでサッポロクラシック350MLとヨーグルトを購入。その後程なくして
苫小牧市内某所に到着。


 今日はここで野営する。
 サッポロクラシックで乾杯。今後の旅の安全を願って。

 22:25。歯を磨いて寝よう。

オドメーター:78351.6km

(つづく)


 にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

日めくりカレンダー

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ村

ブログランキング

アクセス解析

無料ブログはココログ

Google Analytics