« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

第1140段:2016年GWの旅の予定

第1117段:オーシャン東九フェリー予約。。。失敗(-_-;

で、書いた通り、今年(2016年)のGWは四国ツーリング、の予定だったんだけど、
復路(徳島港→東京フェリーターミナル)のフェリーの予約に失敗したため、自走で
徳島から東京まで帰ってくるというツーリングになってしまいました。

 会社の方は、5月2日、6日、7日と有給休暇をもらっています。7日は土曜日ですが、
連休があると土曜日が出勤日になることがあるので。

 この有休の取得によって、4月29日~5月8日まで10連休ということになります。

 うらやましいと思われるかも、ですが、この休みを得るために、実は4月28日は午前
様(--;。 いや、午前様という言葉は宴会等で帰宅が午前0時を過ぎるときに使うという
ことなので、朝帰り? 帰ったのは朝というほど明るくはありませんでしたが。。。

 それはさておき。

 4月30日のオーシャン東九フェリーで徳島港へ向かいます。
 上述の通り、復路のフェリーの予約に失敗した関係で、徳島からは自走で東京まで
帰ります。

 つまり、東京に帰るまでの行程がそのままツーリングというわけで。

 結構長く長期休暇のときはキャンプツーリングをしているけど、フェリーの予約失敗
が起因で自走というのは今回が初めて。初めからフェリーを使わないツーリングは
何度もありますけど。

大まかには、以下のような予定を考えています。

4月30日 自宅→東京フェリーターミナルへ 19:30出港
            (カジュアルフェリーの“おーしゃんのーす” カジュアルフェリーは
             客室のほとんどが2等寝台というフェリー。一人旅には使いやす
             いフェリー。)

5月1日 13:20頃 徳島港着 徳島市街で昼食を取ったのち、国道55号を南下。
            日和佐方面へ。友人宅に宿泊予定。

5月2日 友人と1泊のキャンプを予定。場所は未定。

5月3日 キャンプから友人宅に帰宅後、昼過ぎに出発。徳島市方面へ。
      南海フェリーで和歌山へ向かう。

5月4日以降は全く未定。大まかなルートだけは決めていて、

 紀伊半島のシーサイドを反時計回りに進む。途中熊野古道を見るかも。
→伊勢神宮参拝
→鳥羽から伊勢湾フェリーで愛知県の伊良湖岬へ。
→愛知→静岡→神奈川→東京

というルート。連休後半になると、上りの車が増えるので、それに巻き込まれてしま
うと思われます。しかも向かう先がだんだんと人口が増える傾向にあるので、北海
道のように行き当たりばったりでキャンプというのは難しいかも。

あと、天気次第というところ。雨の日にテントを設営したくないので、安宿に入るかも
しれません(安宿なんてあるのか?、GW中で空きがあるのか、ということもあります
が)

とにかく、足の遅いセローにいつものようにキャンプ道具を満載して行くので、さらに
足は遅い。

逆に言えば、スピードが出ない分、安全運転で行こうと思います。


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月29日 (金)

第1139段:第43回東京モーターサイクルショー2016(16)~YAMAHA YZF-R25ABS

 3月27日、東京ビッグサイトに “第43回東京モーターサイクルショー2016”を見に来て います。
http://www.motorcycleshow.org/

 引き続きY’s GEARのブースから。

 YZF-R25は、

第1134段:第43回東京モーターサイクルショー2016(12)~YAMAHA YZF-R25

 でも紹介しているけど、カウルの色が違うと印象も随分と違いますね。

20160327_3910r
↑YZF-R25ABS

20160327_3912r
↑↑Authentic外装セットとKYBスペシャルサスペンションF&R付きです。

20160327_3908r

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月28日 (木)

第1138段:第43回東京モーターサイクルショー2016(15)~YAMAHA MT-09

 3月27日、東京ビッグサイトに “第43回東京モーターサイクルショー2016”を見に来て います。
http://www.motorcycleshow.org/

 引き続きY’s GEARのブースから、“MT-09”

20160327_3904r
↑YAMAHA MT-09ABS

20160327_3906r
↑Authentic外装セットとバックステップ(どちらも参考出品)付きです。
 赤と白のカラーリングはなかなかよいですね。おめでたい感じで(^^;。


20160327_3903r

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月27日 (水)

第1137段:第43回東京モーターサイクルショー2016(14)~YAMAHA MT-25

 3月27日、東京ビッグサイトに “第43回東京モーターサイクルショー2016”を見に来て います。
http://www.motorcycleshow.org/

 次にY’s GEARのブース。

20160327_3899r
↑YAMAHA MT-25

20160327_3902r
↑Authentic外装セットとKYBスペシャルサスペンションが前後に付いています。
 これらは参考出品。

20160327_3898r

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月26日 (火)

第1136段:交通事故~考えさせられるビデオ教材

 25日に会社で交通安全講習がありました。
 年に2回、春と秋か初冬頃にあります。マイカー通勤者や会社で社有車に乗る人は
受講必須。受講しないと交通事故に関する手記を読んで感想文と安全宣言を書かされ
ます。

 さて。
 (こう言ったら不謹慎ですが、)いつも就業後の17:30から始まることもあり、教材のビデ
オ上映がはじまると、辺りが暗くなるため寝てしまうのですが。。。

 しかし、今回見た映像は、考えさせられました。

 飲酒運転で人を死なせてしまったとき、被害者とその家族、加害者とその家族がその後
どうなってしまうのか、というお話しでした。

---------------------*-------------------------*------------------------

 自宅で同僚とビールを飲んでいたところで、仕事の電話。しかも緊急を要する。
 『こんなの飲んだうちに入らない』と夜、雨の中を車で出かけてしまう。
 行き先へのナビに気を取られ、横断歩道を渡っていた3人家族のうち、お父さんとその
息子さんを轢いてしまう。
 お父さんはまもなく死亡。息子さんは意識不明の重体。後に一命は取り留めたものの
植物状態。

 加害の男性は逮捕され服役。奥さんは賠償金を支払うため、家を手放し働き始める。
しかし、周りからは白い目。
 『だんなさんは車で人を轢いちゃって刑務所なんだって』
 一人娘は、幼稚園で『人殺しの娘』といじめられる。。。

 面会に来た奥さんがそのことを話すと、男性は『離婚しよう』と言う。
 これ以上娘に辛い思いはさせたくない、との思いからでしょう。

 出所した後に被害者宅へ向かう男性。未だ植物状態の息子さん。
 お母さんは言う。
 『あなたがしたことをよく見て帰ってください』と。

---------------------*-------------------------*------------------------

 これは映画、というか交通安全講話のための教材ですが、あり得ない話ではないな、
と考えさせられました。

 被害を受けるのも嫌だけど、加害者になるのはもっと嫌。

 この事故のケースの場合、飲酒をしていなくても、カーナビやステレオなどの操作で
前方不注意になることは十分あり得ると思いました。

 オートバイに乗っていて、GPSを操作することがあります。

 単独自爆事故で他人や他の人の物などを巻き込まないならまだしも、人を轢いたり、
その人が死んでしまったりしたら、取り返しがつきません。

 気をつけねば、と思いました。


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月25日 (月)

第1135段:第43回東京モーターサイクルショー2016(13)~YAMAHA TOURING SEROW

 3月27日、東京ビッグサイトに “第43回東京モーターサイクルショー2016”を見に来て います。
http://www.motorcycleshow.org/

 引き続き、YAMAHAブース。

20160327_3580r
↑YAMAHA TOURING SEROW
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/serow/touring/

 ツーリングセローは、通常のSEROW250にアクセサリー4点(アドベンチャースクリーン、
ブッシュガード、アドベンチャーリアキャリア、アルミアンダーガード)が付いています。
 旅に行くなら、ノーマルよりこちらを選ぶべきでしょう。


20160327_3583r
↑ぶれてしまったけど、大きめのリアキャリアが標準装備。

20160327_3586r

20160327_3587r

20160327_3584r
↑パワービーム

20160327_3578r
↑車種専用車体制振ダンパー

『 四輪高性能車に装着され定評のある「パフォーマンスダンパー」の二輪専用版。
 走行時の車体の変形及び振動をダンパーで吸収し、乗り心地、ハンドリングを
 向上させます。
 車体左側メインパイプとダウンチューブに専用のステーを使用し装着します。』

 価格は税抜き\28,000-。

 どのくらい効果があるんでしょう。ノーマルとダンパー付きを乗り比べてみたいものです。


20160327_3582r

 関連してYAMAHAのHPを見ていたら、面白いものが結構ありました。

 SEROW 30th Anniversary スペシャルサイト

http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/serow/history/

 セローの歴史を振り返ることができます。
 自分の乗るセローは、1997年製のSEROW 225WEです。

 今のSEROW250でフルモデルチェンジしたセローですが、すでに2005年のことなん
ですね。そんな前とは思わなかった。

 それからセロー誕生30周年記念のムービーがありました。
 知らなかった。知っていたら、いくらでも素材を提供できたのに。

http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/serow/special/

 ソロキャンプツーリングの映像もあります。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月24日 (日)

第1134段:第43回東京モーターサイクルショー2016(12)~YAMAHA YZF-R25

 3月27日、東京ビッグサイトに “第43回東京モーターサイクルショー2016”を見に来て います。
http://www.motorcycleshow.org/

 引き続き、YAMAHAブース。

20160327_3571r
↑YAMAHA YZF-R25

20160327_3574r

20160327_3573r

『 YAMAHA YZF-R25

 国内市販車

 スーパースポーツ性能と日常の扱いやすさを両立した毎日乗れるスーパーバイク。
 ヤマハスーパースポーツの象徴、「R-DNA」を継承。
 レースイメージのワイズギアアクセサリー装着モデル。』

 これは排気量が249ccなので、普自二免許の自分でも乗れるな。(^^;

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月23日 (土)

第1133段:午前様

 ちょっとモーターサイクルショーからは離れて。

 会社の人はこのブログを知らないから書けるけど。

 4/22までにどうしてもここまでは終わらせておかないと、という納期仕事があって。

 でも終わらない。終わる見込みだったのけど、予想外に時間がかかり。。。

 会社では遅くとも20時までには帰れ、ということになっている。

 ただし、上司に許可をもらえば、20時以降も残業してもよいことになっている。

 が、それも22時まで。

 でも、終わらない。

 金曜日だし、定時で帰る人も多い中、もくもくと残業。

 で、ついには居室に一人。

 お腹が減ったので、非常食用に置いておいたお湯を注いで15分待つとできる
エビピラフを食べた。家にあった地震などのときの持ち出し袋の中にあったやつ。
でも、賞味期限は2010年。。。(^^;   フリーズドライだから、特に腐ることもなく、
食べることができた。味付けはちょっと塩辛かったが。

 何時頃だっただろう。守衛が見回りに来た。

 『あと、どのくらいですか?』
 『もう少しで帰ります。』
 『わかりました。』

 という会話を交わす。今まで数回経験があるけど、いつでも答えは
『もう少しで帰る』。

 仕事はなんとか、終わった。

 0時を回っていた。守衛が見回りに来てから1時間半は経過している。どこが
“もう少し”なんだか。

 納期は22日だが、土日があるため、支障はない。25日に出来上がっていれば。

 なんか、2日分の仕事をした感じ。
 こんなことなら、休日出勤の申請を出しておけばよかった。
 でも、22日の納期で23日に休日出勤では、

 『期限に間に合いませんので、休出させてください。』

と言っているようなものだし。

 自転車通勤なので、公共交通機関とは関係なく帰れる。
 疲れてフラフラになって家に帰った。

 何か空が真っ黒から青くなっていたような気がしたのは気のせいか。。。

 辞書によると、宴会などで帰りが0時を回るのを「午前様」と言って、仕事では使わない
らしい。とすると「朝帰り」?

 23日は、何もする気が起きず、一日家にいる羽目になってしまった。
 結構天気が良かったのに。 

2016年4月22日 (金)

第1132段:第43回東京モーターサイクルショー2016(11)~YAMAHA YZR-M1

 3月27日、東京ビッグサイトに “第43回東京モーターサイクルショー2016”を見に来て います。
http://www.motorcycleshow.org/

 引き続き、YAMAHAブース。

20160327_3569r
↑2016年型 YAMAHA YZR-M1

20160327_3570r

20160327_3567r

『YAMAHA 2016年型 YZR-M1

 参考出品車

 2002年、MotoGP参戦に合わせて専用開発したファクトリーマシン
 呼称の「M」は技術開発を市販車にフィードバックする使命(Mission)と、
 MotoGPでチャンピオンを獲得する使命(Mission)を示す。

 YZR-M1はこれまでにV・ロッシ選手と4回、J・ロレンソ選手と3回、通算7回のチャン
ピオンを獲得しており、今シーズンも更なる活躍が期待される。』

 さすがにこういうバイクは、触れない壇上に飾られていました。

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月21日 (木)

第1131段:第43回東京モーターサイクルショー2016(10)~YAMAHA YZR500

 3月27日、東京ビッグサイトに “第43回東京モーターサイクルショー2016”を見に来て います。
http://www.motorcycleshow.org/

 引き続き、YAMAHAブース。

 これは懐かしいバイクです。


20160327_3561r
↑YAMAHA YZR500(OW35K)

20160327_3564r

20160327_3563r

『YAMAHA YZR500(OW35K)

 参考出品車

 ヤマハ独自の新機構YPVS(Yamaha Power Valve System)を初めて装備した
GP500ファクトリーマシン。
 排気タイミングをコントロールしてトルクの谷を解消する可変式排気バルブによって
劇的なラップタイム短縮を実現し、デビューした’77年シーズン終盤のフィンランドGP、
チェコスロバキアGPで2連勝。
 翌78年にはケニー・ロバーツとともに11戦中4勝をあげ、世界GP500・3連覇への
第一歩を踏み出した。

 ●エンジン型式:水冷、2ストローク、並列4気筒、499cm3
 ●ピストンバルブ
 ●トランスミッション:6速
 ●最高出力:77.2kW(105PS)/10,500r/min以上 』

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月20日 (水)

第1130段:第43回東京モーターサイクルショー2016(9)~YAMAHA XSR900

 3月27日、東京ビッグサイトに “第43回東京モーターサイクルショー2016”を見に来て います。
http://www.motorcycleshow.org/

 引き続き、YAMAHAブース。
20160327_3556r

20160327_3557r

20160327_3555r

20160327_3553r
『XSR900 60th Anniversary

時を超え、新たな世代へ。
チャレンジと栄光に輝いたイエロー&ブラックの “スピードブロック”グラフィック。
時を超えて様々なレースシーンでヤマハの軌跡を刻んできたインターカラー。

メーカー希望小売価格[消費税8%含む]  \1,074,600-』

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月19日 (火)

第1129段:第43回東京モーターサイクルショー2016(8)~YAMAHA MT-09

 3月27日、東京ビッグサイトに “第43回東京モーターサイクルショー2016”を見に来て います。
http://www.motorcycleshow.org/

 引き続き、YAMAHAブース。
20160327_3541r_2
↑YAMAHA MT-09 ABS

20160327_3542r

20160327_3546r

『MT-09 ABS

国内市販車


 「誰もが、思いのままに楽しむために」トラクション・コントロール・システムを新たに
 採用。
 街を駆け抜け、気付けばあの道へ。MTワールドの楽しみを、いまあなたにも。
 個性を際立たせるワイズギアアクセサリー装着モデル。

 メーカー希望小売価格[消費税8%含む]    \915,840- 』


 パニアケースをバイクの後ろに付けてありますね。これだけ容量があると、旅道具も
たくさん入りますね。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月18日 (月)

第1128段:第43回東京モーターサイクルショー2016(7)~YAMAHA Resonator125

 3月27日、東京ビッグサイトに “第43回東京モーターサイクルショー2016”を見に来て います。
http://www.motorcycleshow.org/

 まず、YAMAHAブースから。

20160327_3530r
↑YAMAHA Resonator125
 これはなかなか美しいバイクです。
 ガソリンタンクとリアカウルはなんと天然木!


20160327_3536r
↑よくよく見ると、ミラーがない。
 後方確認用のTVカメラとかが付いているのかな?


20160327_3534r

『YAMAHA Resonator125

    参考出品車

 時が経つほどに愛着が湧いてくる。走っても眺めても心に響いてくる。
 Resonator125は、故新融合をコンセプトにしたロードスポーツモデルです。
 ヤマハ伝統の軽量・スリム・コンパクトなスポーツ性を追求した車体と新しいメーター
周りのデバイス、さらに音楽のヤマハを原点に持つ当社ならではの楽器製造のクラフト
マンシップが融合。
 これからモーターサイクルの楽しさに出会う人々、
 そして、幾台ものマシンを乗り継いできたベテランライダー双方に楽しんでもらえる
一台。』

下の写真の左から、

『管楽器の匠の技である彫刻(エングレービング)を施した、マフラーやタンクキャップ
(協力:株式会社 ヤマハミュージカルプロダクツ』

『タンクサイドとリアカウルは、伝統のピアノ製造技術で培われた天然木を用いた
化粧パネル(協力:ヤマハファインテック株式会社)』

『リフレクターではなく、LED素子を集積させたバルブで配光性能を満たす次世代
ヘッドランプ』

『乗っている時も、乗っていない時もシームレスで楽しみがつながるスマホ多機能
メーター』

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月17日 (日)

第1127段:第43回東京モーターサイクルショー2016(6)~仮面ライダー

 3月27日、東京ビッグサイトに “第43回東京モーターサイクルショー2016”を見に来て
います。

http://www.motorcycleshow.org/

 映画『仮面ライダー1号』が封切られた時期と重なったこともあって、
 本郷猛こと藤岡弘、氏のトークショーがありました。

 いや、もうすごい人だかりで。
 もう少し早くトークショーのことを知っていたら、早めに会場に行って陣取っていたとこ
ろですが、行ったときには、四重、五重の人垣。

 ただ、撮影禁止の札が出てなかったので、撮影は自由だったようです。皆携帯電話や
スマートフォンで撮影していました。

 で、私も。コンパクトデジカメの最大望遠で撮ってみました。


Imgp8712r

Imgp8713r

Imgp8714r

話していた内容は全然覚えていません。
目の前で雑談しているおじさん二人がいて。その人達がうるさくて。
『トークショーを見ないならどいてよ』と思ったのは私だけではないらしく、彼らの横に
いた人に『うるさい!』と一喝されていました。

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月16日 (土)

第1126段:第43回東京モーターサイクルショー2016(5)~仮面ライダー

 3月27日、東京ビッグサイトに “第43回東京モーターサイクルショー2016”を見に来て
います。

http://www.motorcycleshow.org/

 引き続き仮面ライダーです(^^;。

20160327_3668r
↑こちらはオートバイだけですが、 “仮面ライダードライブ”から “ライドマッハー”。
 ベース車は “ホンダ HM4-01”。

  “ライドマッハー”は仮面ライダーマッハが乗るオートバイ。


 それにしても、「ライダー」で「ドライブ」ってネーミング (^^;。
 シリーズとして初めて自動車を運転するライダーっていう話だけど、それは「ライダー」
でなくて、「ドライバー」でしょ、っと突っ込みたくなるのは、私だけではありますまい(^^;。


20160327_3673r

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月15日 (金)

第1125段:第43回東京モーターサイクルショー2016(4)~仮面ライダー

 3月27日、東京ビッグサイトに “第43回東京モーターサイクルショー2016”を見に来て
います。

http://www.motorcycleshow.org/

 引き続き仮面ライダーです(^^;。
 お子さん方に人気で、マシンと一緒に写真が撮れるということで、列ができていました。


20160327_3666r
↑ “仮面ライダー鎧武(ガイム)” より  “サクラハリケーン”。
 
 ベース車は “ホンダ CRF250L”。
  ライダーはマネキンです(^^;。


20160327_3672r

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月14日 (木)

第1124段:第43回東京モーターサイクルショー2016(3)~仮面ライダー

 3月27日、東京ビッグサイトに “第43回東京モーターサイクルショー2016”を見に来て
います。
http://www.motorcycleshow.org/

 引き続き仮面ライダーで(^^;。
20160327_3671rr
↑ “仮面ライダーウィザード”から “マシンウィンガー”。
  ベース車は “ホンダ CRF250L”

20160327_3670rr_
↑乗っているのはマネキンです。

20160327_3675r

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月13日 (水)

第1123段:第43回東京モーターサイクルショー2016(2)~仮面ライダー

 3月27日、東京ビッグサイトに “第43回東京モーターサイクルショー2016”を見に来て
います。

http://www.motorcycleshow.org/

 で、いきなりですが(^^;。

 オートバイ繋がりということで、ちょうど3月26日から公開されている映画、
『仮面ライダー1号』に関係して、1号
の乗るマシン、 “ネオサイクロン号”が展示されてい
ました。


Masked_rider_1
(C)「仮面ライダー1号」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

20160327_3658rr
↑ベース車は “ホンダ ゴールドウィングF6C”

20160327_3661rr
↑なかなかかっこいいです(^^)。

20160327_3665rr
↑1号の人形?は飾られていませんでした。

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月12日 (火)

第1122段:第43回東京モーターサイクルショー2016(1)

 3月25日(金)~27日(日)まで、東京ビッグサイトの西1・2ホールで
『第43回東京モーターサイクルショー2016』が開催されました。

http://www.motorcycleshow.org/

 実はまったく同日程で、東京ビッグサイトの東館で『アニメジャパン2016』が開催されて
いました。

http://www.anime-japan.jp/

 モーターサイクルショーは3日間で、132,575人、アニメジャパンは同じ3日間で135,323人の入場者数だったそうです(上記の公式HPによると)。

 モーターサイクルショーは27日に見に行ったのですが、午後になると、アニメジャパン
からの流れてきたお客さんが結構いました(なぜなら、そこで配布されるショッパーを
持っているのですぐ分かる)。

 そういうところからも相乗効果で入場者数が増えたのかもしれません。
 もっとも、入場数が増えたのは、アニメジャパン(前回比111%)であって、モーター
サイクルショーは、2015年とほぼ同じ入場者数でした(2015年は132,249人)。

前置きはこのくらいにして、次回からショーの内容を見てみましょう。

20160327_3525rr

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月11日 (月)

第1121段:ジャパンキャンピングカーショー2016(33)

 2月11日~14日に幕張メッセで開催された “ジャパンキャンピングカーショー2016”。
http://www.japan-rv.jp/


 12日に見に行ってきました。

20160212_0875r

20160212_0876r

所感です。

どのキャンピングカーも趣向を凝らしていて、見ているだけ結構楽しめました。
リビングルームそのものとか、和室とか、アウトドアに出かけているのに、車の中は
家の延長のような感じなのは、良いかもしれませんね。

ただ、値段はちょっと高いです。

軽キャンパーで250万円~300万円、ワンボックスになると500万円~700万円くらい
します。

庶民の私はとても手が出ないので(^^;、これを参考にDIYするのもよいかな、と思い
ました。

自分でできないところ、例えばポップアップルーフとかはメーカーに任せて、後は
自分でイレクターパイプなどで棚を作ったりすれば、安上がりにできそうです。


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月10日 (日)

第1120段:ジャパンキャンピングカーショー2016(32)

 2月11日~14日に幕張メッセで開催された “ジャパンキャンピングカーショー2016”。
http://www.japan-rv.jp/


 12日に見に行ってきました。

 昨日の続きで、八千代工業(株)から。

http://www.yachiyo-ind.co.jp/products/can8/


 ここは、キャンピングカー用品シリーズ「きゃんぱち」を開発しています。

20160212_0870r
↑ベース車は “ホンダ NーBOX +”
 車体のデザインが独特です。もちろんオプション。

20160212_0873r
↑主な装備は、カーテンレール、カーテン、マット、テーブルというところでしょうか。

20160212_0871r

20160212_0872r

↑やはり字が小さくて読めませんね。HPを御確認ください。
http://www.yachiyo-ind.co.jp/products/can8/

 HPによると、まだ防虫ネットしかないようです。先行発売とあるので、順次他の
オプションも増えるのでしょう。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月 9日 (土)

第1119段:ジャパンキャンピングカーショー2016(31)

 2月11日~14日に幕張メッセで開催された “ジャパンキャンピングカーショー2016”。
http://www.japan-rv.jp/


 12日に見に行ってきました。

 次は八千代工業(株)。
http://www.yachiyo-ind.co.jp/products/can8/


 ここは、キャンピングカー用品シリーズ「きゃんぱち」を開発しています。

20160212_0862r

↑ベース車は “ホンダ ホビオ”

20160212_0869r

↑防虫ネットですね。
 夏に車中泊するなら、必須のアイテム。閉めきっていたら暑いし、窓を開けたら
 虫が入ってきますからね。


20160212_0866r

↑カーテンレール、クッションマット、キャビネットなど。
 それほどの大改造ではないので、リーズナブルな値段でキャンピングカーが
 できそうです。


20160212_0864r

20160212_0865r

↑ちょっと読めませんね。
 値段は、HPで御確認ください。

http://www.yachiyo-ind.co.jp/products/can8/

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月 8日 (金)

第1118段:ジャパンキャンピングカーショー2016(30)

 2月11日~14日に幕張メッセで開催された “ジャパンキャンピングカーショー2016”。
http://www.japan-rv.jp/


 12日に見に行ってきました。

 次はこのシリーズの最初に照会した “ホワイトハウスキャンパー”から。

http://www.whitehouse.co.jp/camper/

20160212_0493r
↑ベース車は “トヨタハイエーススーパーロング”の  “ドルクオレンジライン”
http://www.whitehouse.co.jp/camper/hiace/compass-dolq/

20160212_0496r
↑内装はオレンジ色で統一されています。

20160212_0498r

↑リビングですね。

20160212_0499r


20160212_0495r
↑で、この展示車のお値段。もともとが300万円超えの車ですからね。。。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月 7日 (木)

第1117段:オーシャン東九フェリー予約。。。失敗(-_-;

 タイトルの通り。
 オーシャン東九フェリーの予約は乗船日の1ヶ月前。今日(4月7日)が5月7日徳島港
発東京フェリーターミナル行きのフェリーの予約開始日だったのですが、予約に失敗し
ました。

 オーシャン東九フェリーの予約は、Web予約も電話予約も午前10時開始。

 会社に行って、それを失念していました。気づいたのは11時半頃。

 インターネットで調べると、空席欄には すべて“×”印。満席です。

 一応、電話をしてみました。やはり満席。キャンセル待ちはすでに40名もいるという。

 2~3人くらいなら必ずキャンセルは出ますが、40人は出ないでしょう。

 ちなみに5月5日徳島発東京行きの状況も確認しましたが、満席でやはりキャンセル
待ちが40名近くいるということでした。

 そのため、復路のフェリーは断念です。

 となると、ツーリング計画がかなり変わります。

 復路のフェリーの予約ができなかったということは、帰りは東京まで自走するしかない
ということ。

 排気量の大きいバイクなら、高速道路を使えば1日で帰れるでしょうが、キャンプ道具
満載のセローではそれは無理な話。つまり四国を発つのを早め、東京に帰るまでを
ツーリングにする、という計画です。

 人間万事塞翁が馬。
 今回の事態が結果的に良かった、と思うことにしましょう。

 今回のGWの旅は、波乱の予感です(^^)(ワクワク)。


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月 6日 (水)

第1116段:ジャパンキャンピングカーショー2016(29)

 2月11日~14日に幕張メッセで開催された “ジャパンキャンピングカーショー2016”。
http://www.japan-rv.jp/


 12日に見に行ってきました。

 次は(株)バンテック新潟。
http://www.vantech-niigata.com/

 こちらは軽自動車ではないのですが、写真を撮ってきました。

20160212_0834r
↑ベース車は “トヨタ ハイエース” の  “QUEST(クエスト)”

20160212_0833r

20160212_0837r

20160212_0838r

20160212_0840r
↑和室です。掘り炬燵風になっています。車の中とは思えませんね。

20160212_0835r
↑さすがに価格は軽キャンパーから上がりましたね。
 700万円超えです。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月 5日 (火)

第1115段:ジャパンキャンピングカーショー2016(28)

 2月11日~14日に幕張メッセで開催された “ジャパンキャンピングカーショー2016”。
http://www.japan-rv.jp/


 12日に見に行ってきました。

 次は(株)マックレー。
http://www.mcley.co.jp/

20160212_0828r
↑ベース車は “マツダ スクラム” の  “ディアラ・ジュニア”

20160212_0830r
↑内装は綺麗ですね。リビングルームのようです。

20160212_0831r

20160212_0832r

20160212_0829r
↑展示車のお値段。300万円超えですね。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月 4日 (月)

第1114段:ジャパンキャンピングカーショー2016(27)

 2月11日~14日に幕張メッセで開催された “ジャパンキャンピングカーショー2016”。
http://www.japan-rv.jp/


 12日に見に行ってきました。

 次はスマイルファクトリー。

http://smilefactory.sub.jp/blog/

20160212_0819r
↑ベース車は スズキ“エブリイ&NV100” の  “オフタイムトラベラー2”。 
http://smilefactory.sub.jp/blog/index.php?mode=pages&aim=44Kq44OV44K_44Kk44Og-E

20160212_0820r

20160212_0823r

20160212_0825r
↑光量が足らず、ちょっとぶれてしまいました。

20160212_0827r

20160212_0822r
↑展示車のお値段。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月 3日 (日)

第1113段:ジャパンキャンピングカーショー2016(26)

 2月11日~14日に幕張メッセで開催された “ジャパンキャンピングカーショー2016”。
http://www.japan-rv.jp/


 12日に見に行ってきました。

 次は三菱自動車ロジテクノ(株)。

http://www.mmc-mlt.co.jp/activities/specially.html


 ここは、軽自動車、乗用車、商用車などに法に適合した改造を施して、特殊な用途で
使用することを目的とする車両を製造。キャンピングカーに限らず、冷凍車や軽ダンプ
車なども取り扱っている会社です。


20160212_0813r
↑ベース車は三菱の “タウンボックス” の “キャンピングカーⅡ ふらっと”。
http://www.mmc-mlt.co.jp/specially/car/camp2.pdf


20160212_0814r
↑文字通りフラットに187cmの空間を確保できるというのが「売り」。

20160212_0817r
↑天井の改造が目を惹きます。

20160212_0815r
↑展示車のお値段。

20160212_0816r

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月 2日 (土)

第1112段:ジャパンキャンピングカーショー2016(25)

 2月11日~14日に幕張メッセで開催された “ジャパンキャンピングカーショー2016”。
http://www.japan-rv.jp/


 12日に見に行ってきました。

 次はダイハツクラフト。

http://daihatsu-craft.jp/

 ここはダイハツグループ、葵機械工業(株)が2012年に立ち上げた特装車事業。
 そのため、全国のダイハツ販売店で取扱いしているのが特徴。


20160212_0809r
↑ベース車は “ダイハツハイゼットカーゴクルーズ” の「楽旅(らくたび)」。

20160212_0810r

20160212_0811r

20160212_0812r
↑価格もこれまで見てきたキャンピングカーに比べると安いです。まぁ、装備が
 異なるので、一概に比較できませんが。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年4月 1日 (金)

第1111段:ジャパンキャンピングカーショー2016(24)

 2月11日~14日に幕張メッセで開催された “ジャパンキャンピングカーショー2016”。
http://www.japan-rv.jp/


 12日に見に行ってきました。

 次は “オートショップ・アズマ”。
http://www.az-max.co.jp/

20160212_0792r_2
↑ベース車は “ダイハツ ハイゼット” の  “K-ai(ケーアイ)”
http://www.az-max.co.jp/k-ai/index.html

20160212_0794r_2
↑ポップアップ式のルーフが目を惹きます。

20160212_0799r_2
↑中に入らせてもらいました。後部方向を撮影。

20160212_0806r_2

20160212_0808r
↑運転席方向を撮影。

20160212_0798r

↑ちょっと光量が足らずぶれました(^^;。この展示車のお値段はこのくらい。
 装備が豪華な分、お高いです。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

日めくりカレンダー

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ村

ブログランキング

アクセス解析

無料ブログはココログ

Google Analytics