« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

第1077段:大洗巡礼(15)

 2015年夏の北海道ツーリングの帰り。 “ガールズ&パンツァー”の舞台、大洗をプチ巡
礼中(^^;。

 引き続き、大洗リゾートアウトレットの “大洗ガルパンギャラリー” のパンフレット類の
展示です。


20150802_2534r
↑いばらきイメージアップ大賞

20150802_2533r
↑2014年 いばらきイメージアップ大賞特別招待状

20150802_2525r

20150802_2526r

20150802_2532r
↑日本戦車道連盟監修 戦車道選択専攻ガイダンス
  手ぶれを起こしてしまいましたが…(^^;


20150802_2528r
↑その中身

20150802_2527r

20150802_2529r
↑戦車道のルール(抜粋)

20150802_2530r
『強さと賢さ、
美しさを
兼ね備えた女子へ

戦車道で養われる精神

戦車道家元
西住しほ
さんより 一言

撃てば必中、守りは固く、進む姿は乱れなし。
鉄の掟、鋼の心、それが私の教える西住流戦車道です。
みなさんは学生としての本分を全うし、正しく戦車道の道
を精進してください。』

とパンフレットにあります(^^;。

知らない方のために。西住しほ さんは主人公西住まほのお母さん(^^)。

ところで、いつどこで配布されたんでしょうね。このパンフレット。欲しかったなぁ(^^;。


(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月28日 (日)

第1076段:大洗巡礼(14)

 2015年夏の北海道ツーリングの帰り。 “ガールズ&パンツァー”の舞台、大洗をプチ巡
礼中(^^;。

 引き続き、大洗リゾートアウトレットの “大洗ガルパンギャラリー” の展示です。

  “ガールズ&パンツァー”と大洗町の関わりを略年表にしてありました。

20150802_2434r

20150802_2439r

20150802_2442r
『2011年10月 バンダイビジュアルプロデューサー杉山氏、ランティス関根氏と常盤氏の
         出会い

2012年  1月 大洗町内ロケハン
            8月 クックファン常連3名と常盤氏により「勝手にガルパン応援団」結成
          10月 ガールズ&パンツァー放映開始(TOKYO MX、BS-11他)
          11月 「鹿島臨海鉄道&茨城交通」車両ラッピング2日間突貫貼り付け
                 大洗あんこう祭 あんこうチーム初参加(来場約6.5万人)
          12月 「大洗コソコソ作戦本部(企画部門)」結成

2013年  1月 「ガルパンスタンプラリー第1弾開始」
            3月 大洗町商工会「がんばっぺ大洗」ガルパン仕様缶バッチ登場
                 大洗海楽フェスタ開催(来場約5万人)
                 ガールズ&パンツァー登場キャラクター等身大パネル登場
            4月 大洗女子学園優勝記念セール第23回 曲がり松100円商店街開催
                 武部沙織さん、曲がり松商店街の看板娘に選ばれる
                 ハートフルタンクカーニバル参加 劇場版&OVA製作発表
            6月 観光庁主催、第1回「今しかできない旅がある」若者旅行を応援する
                 取組奨励賞受賞
                 ラッピングバス2号車を製作し、観光庁表彰式へ参加
                 曲がり松商店街主催の武部沙織さん誕生会を開催
                 (その後、商店街主催あんこうチーム5名の誕生会が恒例行事になる)
            8月 大洗盆踊り大会であんこう踊り盆踊りバージョン(スロー)披露
            9月 リアル・エンカイ・ウォー開催(於 大洗ホテル)
          10月 曲がり松商店街主催の西住みほさん誕生会を開催
          11月 商工感謝祭 第1回ガルパンクイズ大会開催
                大洗あんこう祭に再びあんこうチーム他参加(来場約10万人)
          12月 永町商店街主催の五十鈴 華さん誕生会を開催

2014年  1月 大洗磯前神社に巨大ガルパン絵馬設置
                 大洗「ガルパンプロジェクト」がいばらきイメージアップ大賞受賞
           3月 大洗文化センターにて、町民向けTVシリーズ上映会開催
                 大洗海楽フェスタ前夜祭であんこう花火披露
                 大洗海楽フェスタ開催(来場約5万人)
           6月 曲がり松商店街主催の秋山優花里さん誕生会開催
                 いばらきイメージアップ大賞受賞記念式典 髭釜商店街で開催
                 曲がり松商店街主催の武部沙織さん誕生会(2回目)を開催
           7月 ガルパン夏祭りin大洗開催。OVA初の大洗上映
           8月 茨城空港ガルパントークイベント開催
           9月 アニメキャンプ2014応援参加
          10月 曲がり松商店街主催の西住みほさん誕生会(2回目)を開催
                 大洗女子学園修学旅行開催(於 大洗シーサイドホテル)
          11月 3回目のあんこうチーム参加の「大洗あんこう祭」開催(10万人)
                 ラッピングバス3号車(高速バス)を製作
          12月 永町商店街主催の五十鈴 華さんの誕生会(2回目)を開催

2015年 1月 大洗磯前神社に第2弾 巨大ガルパン絵馬設置
           3月 大洗海楽フェスタ開催。夜の花火大会で再びあんこう花火披露(来場約
                 5万人)
                 ラッピングバス4号車を製作
           5月 大洗ガルパンギャラリーオープン』


 ガルパンにより大洗町が元気になっていく様子が年表から分かりますね。
 お祭りやイベントには常に5~10万人の人が訪れるという人気ぶりです。
 そのため、大洗町長からファンの皆さんに感謝状が贈られており、それが展示
されていました。上の3枚目の写真の右上を拡大したものが、下の写真です。

Oarai

『 感謝状

  アニメ「ガールズ&パンツァー」ファンの皆様殿

  あなたがたガルパンファンはいばらき
  イメージアップ大賞を受賞した
  「大洗ガルパンプロジェクト」を通して
  物語の舞台である大洗町を聖地として
  幾度となく訪問され町民と一体と
  なった交流が全国区の話題となり観光
  振興及び地域活性化に多大な貢献を
  された功績は誠に顕著であります
  よってその功績に対し深く感謝の
  意を表します

   平成二十六年六月七日
   大洗町長 小谷隆亮  』


 この町長さんからの感謝状は、本当の気持ちだと思います。
 2011年3月11日に起きた地震では、大洗町にも津波が押し寄せ、かなりの被害が
出ました。 “ガールズ&パンツァー”は大洗町の復興に多大な貢献をしていると思い
ますね。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月27日 (土)

第1075段:大洗巡礼(13)

 2015年夏の北海道ツーリングの帰り。 “ガールズ&パンツァー”の舞台、大洗をプチ巡
礼中(^^;。

 引き続き、大洗リゾートアウトレットの “大洗ガルパンギャラリー” の展示です。

20150802_2545r
↑ “大洗ガルパンギャラリー” は、2015年5月2日にオープンしました。

20150802_2522r
↑ “ガールズ&パンツァー”と大洗の楽しさはココから始まりました。

20150802_2523r
『 その出会いは突然やってきた

 2011年10月、冷たい雨が降る夕方に、大洗町商工会長と二人の男性が水戸市に
あるとんかつ屋にやってきた。一人はガルパンの音楽製作を手がけるランティスの
関根氏。そしてもう一人はガルパンのプロデューサー杉山氏だった。

 応対したのは、とんかつ屋主人で、大洗まいわい市場の代表でもある常盤だった。
「大洗町を舞台にして、ガルパンというTVアニメを作りたい。」 その時、杉山氏が常盤
に預けた資料が展示してあるファイルである。

 二人はその時約束をした。「このアニメで町を巻き込むことはしない」と。

 しかし杉山氏から依頼される制作に関する協力を、幾度となくこなしていくうちに、二
人の間には「みんなをびっくりさせたい。喜んでもらいたい。笑ってもらいたい。」 そん
な気持ちが強くなっていった。

 そうして、ほんの少数の協力者達だけで、ラッピングを施したバス、電車、レンタサイ
クル、数枚の等身大パネルを手作りで制作してきた。水面下で準備を「コソコソ」と実行
し、それらのお披露目を2012年11月に開催された「大洗あんこう祭」に行った。

 来場者は例年の約2倍の6万5千人を記録した。ガルパンと大洗の楽しさはココから
はじまったのである。』

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月26日 (金)

第1074段:大洗巡礼(12)

 2015年夏の北海道ツーリングの帰り。 “ガールズ&パンツァー”の舞台、大洗をプチ巡
礼中(^^;。

 引き続き、大洗リゾートアウトレットの “大洗ガルパンギャラリー” の展示です。


20150802_2521r
↑『館(艦)内は飲食禁止となっております。』
 というのが、洒落が効いています(^^;。


20150802_2520r1

20150802_2510r

20150802_2514r
↑いちばん左の一年生チーム「山郷あゆみ」は茨城空港所在地「小美玉市」出身
 という設定です。


20150802_2517r

20150802_2516r

20150802_2504r
↑ちょっと暗いですが。。。ビーチパラソルも “ガルパン”仕様(^^;。

20150802_2503r

20150802_2502r

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月25日 (木)

第1073段:大洗巡礼(11)

 2015年夏の北海道ツーリングの帰り。 “ガールズ&パンツァー”の舞台、大洗をプチ巡
礼中(^^;。

 引き続き、大洗リゾートアウトレットの “大洗ガルパンギャラリー” の展示です。


Gp_10_1_2
↑第10話より(地図を除く以下3枚も同じ)。 角谷会長たちは、試合前の景気付けにと、
 とんかつRestaurant  “Cook Fan” を訪れます。
 Cook Fanは水戸に実在するお
店。

Cookfan

Gp_10_2
↑おごりと言って出された、戦車カツ(^^;。とんかつの上のキューポラはメンチカツ、
砲身はアスパラガス、らしいです。


Gp_10_3
↑奥の黒い飲み物用冷蔵庫には、 “Cora-Dora” と書いてあるような(^^;

Gp_10_4
↑ 杏 『そう、カツカツするな。』 河嶋 『会長まで!』


20150802_2471r
↑で、これが、 “大洗ガルパンギャラリー” に展示されていたサンプル。
  ちょっと崩れていますが。。。
  500gあるらしく、一人で食べるのは難しそうです。


20150802_2470r
↑上と同じシーンが展示されていました。

 いつか食べに行きたいですが、ガルパンファンであふれかえっていそうですね。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月24日 (水)

第1072段:大洗巡礼(10)

 2015年夏の北海道ツーリングの帰り。 “ガールズ&パンツァー”の舞台、大洗をプチ巡
礼中(^^;。

 引き続き、大洗リゾートアウトレットの “大洗ガルパンギャラリー” にあるポスターの展
示です。

 少し写真がオレンジ色っぽいのは、会場の照明だけで撮影しているため。ストロボを
使用すると、反射して余計に見えにくくなるため使っていません。

20150802_2501r_1

20150802_2486r

20150802_2484r_

20150802_2497r

20150802_2492r

20150802_2490r

20150802_2494r

20150802_2500r

20150802_2495r

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月23日 (火)

第1071段:大洗巡礼(9)

 2015年夏の北海道ツーリングの帰り。 “ガールズ&パンツァー”の舞台、大洗をプチ巡
礼中(^^;。

 大洗リゾートアウトレットの “大洗ガルパンギャラリー” にあるポスターの展示です。


20150802_2485r

20150802_2481r

20150802_2482r

20150802_2489r

20150802_2499r

20150802_2491r

20150802_2493r

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月22日 (月)

第1070段:大洗巡礼(8)

 2015年夏の北海道ツーリングの帰り。 “ガールズ&パンツァー”の舞台、大洗をプチ巡
礼中(^^;。

 大洗リゾートアウトレットの “大洗ガルパンギャラリー” の展示です。


20150802_2472r
↑大洗町の各店舗には、 “ガルパン”のキャラクターと戦車のパネルが置いてありま
 す。それと共にキャラクターと各店舗名が書かれた名刺があり、それが一同に展示
 されていました。


20150802_2474r

20150802_2476r

Darjeelingr

第1063段:大洗巡礼(1)
 で出てきた “肴屋本店”さんは、 “ダージリン”。
 2015年8月2日に北海道ツーリングの帰りに大洗で着いたとき、肴屋本店さんで
 登場人物のクリアファイルを売っていたので衝動買い(^^;。そのとき、この名刺を
 もらってきました。
 「割烹旅館 改め ガルパン旅館」と書いてあります。ノリがいいですね。(^^)
 裏には劇場版の公開は「2015年夏 公開予定」と書いてありますね。実際には、
 これより遅れて、11月21日公開でした。


20150802_2498r

↑劇場版のポスター。 コピーは『とり戻せ―』。
 いったい、どこから何を『とり戻』すのか


Imgp9779r

↑ “肴屋本店”さんのお店の前に飾られている “ダージリン”様(^^;。
    格好はパンツァージャケットではなく、聖グロリアーナ女学院の制服姿(^^)。
  (2014年8月3日撮影)


(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月21日 (日)

第1069段:大洗巡礼(7)

 2015年夏の北海道ツーリングの帰り。 “ガールズ&パンツァー”の舞台、大洗をプチ巡
礼中(^^;。

 大洗リゾートアウトレットの “大洗ガルパンギャラリー” にある “ガールズ&パンツァー”
の場面のジオラマ(情景模型)を引き続き紹介します。

Gp_9_2
↑第9話より。雪原でプラウダ校からの砲撃にさらされるアヒルさんチームの八九式中
 戦車。

20150802_2416r

20150802_2418r

20150802_2419r

---------------------*-------------------------*------------------------

Gp_12_1
↑第12話より。黒森峰女学園のヤークトティーガーと対峙するうさぎさんチームの
 M3中戦車リー。

20150802_2400r

---------------------*-------------------------*------------------------

Gp_12_2
↑第12話より。フラッグ車同士の決戦をさせるため、廃校舎の中庭への入口を塞ぐ
 レオポンさんチームのポルシェティーガー。

20150802_2425r

20150802_2426r

20150802_2427r

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月20日 (土)

第1068段:大洗巡礼(6)

 2015年夏の北海道ツーリングの帰り。 “ガールズ&パンツァー”の舞台、大洗をプチ巡
礼中(^^;。

 引き続き、大洗リゾートアウトレットの “大洗
ガルパンギャラリー”。

  “ガールズ&パンツァー”の場面の
ジオラマ(情景模型)がありました。
Gp_1_1
↑第1話より。倉庫に眠っていたボロボロのⅣ号戦車D型。

20150802_2408r

20150802_2409r

20150802_2411r

---------------------*-------------------------*------------------------

Gp_3_3
↑第3話より。『開けた場所は遮蔽物を利用して身を隠せ!』
 ただ、金色に塗った38(t)では説得力がありません(^^;。


20150802_2422r

20150802_2423r

20150802_2424r

---------------------*-------------------------*------------------------

Gp_9_1
↑第9話より。プラウダ校のフラッグ車を探すため、キューポラの上に立つみほ。

20150802_2402r

20150802_2414r

20150802_2404r_11

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月19日 (金)

第1067段:大洗巡礼(5)

 2015年夏の北海道ツーリングの帰り。 “ガールズ&パンツァー”の舞台、大洗をプチ巡
礼中(^^;。


20150802_2552r
↑大洗リゾートアウトレットの “大洗ガルパンギャラリー。

20150802_2555r
↑中に入る前にショーウィンドウの展示から。

20150802_2556r
↑海上保安庁への緊急通報用電話番号『118』番のキャラクターに使われている。
 すごいね。


20150802_2543r

20150802_2536r
↑ガラスの映り込みは仕方ないですね。

20150802_2538r

20150802_2539r
↑ “ガールズ&パンツァー”は、PACIFICレーシングチームとコラボしています。
http://www.pacific-racing.jp/garupan_d1/

20150802_2542r

20150802_2478r

20150802_2479r

20150802_2480r
↑以上は、2015年8月2日に撮影しているので、現在では展示内容が変わっている
 ものと思います(^^;。


(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月18日 (木)

第1066段:大洗巡礼(4)

2015年夏の北海道ツーリングの帰り。 “ガールズ&パンツァー”の舞台、大洗をプチ巡
礼中(^^;。



20150802_2324r
↑鹿島臨海鉄道の大洗鹿島線 大洗駅前

20150802_2327r
↑さすがに駅員の顔におさまることはしませんでしたが(^^;。

Gp_3_2
↑第3話。大洗女子学園と聖グロリアーナ女学院が親善試合をするというので、
 大洗町はお祭り騒ぎ。餡香焼きの屋台が出ています。


Imgp9647r
↑大洗まいわい市場の餡香やきのブース。 “あんこう”は魚の鮟鱇をかけているんです
 ね。


Gp_5_1
↑あんこうチームの乗るⅣ号戦車D型。ドイツ製。(5話より)

Imgp9645r
↑餡香焼きの販売は16時まで。16時を過ぎるとお店の前にあんこうチームの
 パーソナルマークの「あんこう」のタペストリー?が。。。


Imgp9638r
↑餡香焼きって、つまり大判焼きですよね。。。

20150802_2397r
↑買ってみました。 表面に “西住みほ”。

Imgp9622r
↑裏面にあんこうチームのパーソナルマーク。(2014年8月3日撮影)
 味は美味ですよ(^^)。


Imgp9642r
↑餡香焼きのブースの前に作り付けのテーブルがあり、そこで餡香焼きが食べられる
 のですが、そこには。。。(2014年8月3日撮影)


Imgp9640r
↑これは、 “西住みほ”役の渕上舞さんのサイン。(2014年8月3日撮影)

Imgp9639r
↑こちらは、アンツィオ校の “アンチョビ”役 および大洗女子学園の “近藤妙子”役の
 吉岡麻耶さんのサイン。(2014年8月3日撮影)

20150802_2518r
↑大洗リゾートアウトレットの “大洗ガルパンギャラリー”にある “アンチョビ”の等身大
 看板。

(つづく )


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月17日 (水)

第1065段:大洗巡礼(3)

 2015年夏の北海道ツーリングの帰り。 “ガールズ&パンツァー”の舞台、大洗をプチ巡
礼中(^^;。

 ここからは、大洗町にある “ガルパン”関連の写真を載せます。
 すべてクリックすると拡大します。


20150802_2338r
↑ “ガルパン”仕様のラッピング路線バス。ここまで来ると、かなり「痛いバス」です(^^;。
  2015年8月2日撮影(以下同)。

20150802_2342r

20150802_2349r

20150802_2346r

20150802_2366r
↑大洗磯前神社にて。大きな絵馬状の看板がありました。

20150802_2386r
↑大洗マリンタワー1F。あんこうチーム5人の等身大看板がありました。
 マリンタワーは2014年に上ったので、今回はパス。


20150802_2389r_1
↑大洗まいわい市場の社有車?これもかなり痛い車です。

20150802_2394r_1
↑同上。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月16日 (火)

第1064段:大洗巡礼(2)

 前置きが長くなりましたが、2015年夏の北海道ツーリングの帰り。
  “ガールズ&パンツァー”の舞台、大洗をプチ巡礼中。


Gp_7_4_2
↑第7話(以下同じ)。大洗港フェリーターミナルへの入り口。クリックすると拡大します。

20150802_2314r_2
↑もう少し左から、寄って撮るとそっくりだったかな。
 2015年8月2日撮影。


Gp_7_3
↑第7話。鹿島臨海鉄道の大洗鹿島線 大洗駅前。イルカのモニュメント。

20150802_2329r
↑これもアングルが合っていません。それとイルカのモニュメントの左にある看板
 は描かれていません。2015年8月2日撮影。

Gp_7_1
↑大洗駅改札。自動改札ではありません(^^)。

Imgp9790r
ちょっと同じアングルでは撮影できませんでした。奥に “ガルパン”の等身大看板が
 ありますね。この写真は、2014年8月3日撮影。


Gp_7_2
↑大洗駅にある売店。

Imgp9804r
↑大洗駅にある売店。2014年8月3日撮影。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月15日 (月)

第1063段:大洗巡礼(1)

 第1062段:“ガールズ&パンツァー”というアニメーションを知っていますか?

では、 “ガールズ&パンツァー”がどんな物語か書かなかったので、知っている人も多い
と思いますが、知らない人向けに少しだけ解説。

  “ガールズ&パンツァー”。 横文字では  “GIRLS und PANZER”とドイツ語で書かれ
ています。「GIRL」は英語では、という人もいるでしょう。ドイツ語でも女の子の意味で
「GIRL」と書きます。「Mädchen」という単語もありますが。それから「und」は英語の「and」。
「PANZER」は英語で「TANK」。戦車のことです。つまり直訳すると「少女と戦車」という
ことですね。

 以下は、廣済堂新書 『ガルパンの秘密 ~美少女戦車アニメのファンはなぜ
大洗に集うのか~』を参考に記載しております。


 『 “ガールズ&パンツァー” とは

 戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされる、
もう一つのニッポン。物語は、県立大洗女子学園に転校生・西住(にしずみ)みほが
やってくるところから始まります。


 みほの実家、西住家は戦車道の名門。しかし、優秀な母・しほと姉・まほに挟まれた
みほは、ある事件から戦車道を辞め、戦車道のない
大洗女子へと転校してきたの
でした。

 ところが、転校早々、大洗女子学園で戦車道の復活が決まってしまいます。みほは
生徒会長に呼び出され、必修選択科目に戦車道を選択するよう強制されてしまいま
す。迷ったみほですが、転校早々友達になった華道家元の娘の五十鈴華と恋愛大好
きな武部沙織のために、再び戦車道に取り組むことにします。やがて戦車マニアの
秋山優花里、朝に弱い優等生の冷泉麻子(れいぜいまこ)もメンバーに加わり、この5
人は「あんこうチーム」として、大洗女子チームの中心となり、仲間をリードしていきま
す。』


Gp_3_1_2
↑クリックすると拡大します。
 第3話より。大洗リゾートアウトレットを大洗マリンタワーから眺める。

Imgp9675r

↑少し角度が違いますが。写真手前の遊具施設は、描かれていません。
 劇中では赤白のテントのところあたりに大型のモニターが設置され、練習試合
 を観戦できるようになっています。
 この写真は、2014年8月3日撮影。


Gp_4_1_2
↑第4話。聖グロリアーナ女学院との練習試合。大洗市街戦。
 このシーンのあと、聖グロのマチルダⅡは正面の店に突
っ込んでしまいます。
 突っ込んだ先が、実在する『割烹旅館 肴屋本店』。戦車が突っ込んだ宿という

ことで、人気がすごいらしいです。


Imgp9775r
↑またもや同じようには撮れていませんが(^^;。
  2015年8月2日撮影。


Gp_4_2
↑第4話より。魚屋さんの「魚剣」。イギリス海軍航空隊の雷撃機「フェアリー・ソード
フィッシュ」が名前の由来。ガルパンには、このようなミリタリーネタが数多く仕込まれ
ています。


Imgp9782r
↑実際は、「魚忠商店」という老舗の海鮮処。
  この写真は、2014年8月3日撮影。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月14日 (日)

第1062段:“ガールズ&パンツァー”というアニメーションを知っていますか?

  “ガールズ&パンツァー”というアニメーションを知っていますか?

 2012年10月から、TOKYO MXなどの深夜枠で放送されたオリジナルアニメーション。

 現在では、放送されるアニメの約4割が深夜アニメなのです。

---------------------*-------------------------*------------------------ 

(※以下の内容は、廣済堂新書 『ガルパンの秘密 ~美少女戦車アニメのファンはなぜ
大洗に集うのか~』を参考に記載しております。)


 なぜ深夜にアニメを放送するのか。
 それは、ヤングアダルトを含む大人たちなら、深夜に放送しても見てくれる、というわけ
です。もし、タイムリーに見られなくても録画すればいいわけで。

 深夜にアニメを積極的に放送するようになったのは、1996年くらいから。1997年にな
ると、“新世紀エヴァンゲリオン”の深夜の再放送が2%を超える高視聴率を得て、テレ
ビ東京は積極的に深夜帯にアニメを放送するようになり、他の放送局もそれに追随し、
現在に至ります。


 従来のアニメは、玩具会社などがスポンサーとなり、製作費と放送料を支払っていま
した。

 対する深夜アニメは、ビデオメーカーなどが中心となった “製作委員会”が放送枠を
買い取り、その時間帯に自分達が作ったアニメ作品を放送します。それを見た視聴者
がDVDやBlu-rayを買うことによってコストを回収する仕組み。
 つまり、深夜アニメの放送は
、『これを見て皆さん、DVD、Blu-rayを買って下さい』という
セールスの場、と言えるわけです。
 最近のアニメで、オープニングの最後の方のテロップで、
 “製作  ○○○○製作委員会”
とよく出ていますよね。


 各々の作品がヒットするかどうかは分かりません。漫画なり、小説なり原作があると、
その原作の売れ行きから人気が出るかどうかはある程度予測できると思いますが、
完全オリジナル作品の場合は、そうもいきません。

 そのため、リスクを回避する意味から作品数は多い方がよい、というわけで、1997年
頃までは、2クール(25~26話)の作品が多かったのですが、1998年以降は、1クール
(12~13話)で完結する作品が多数作られるようになり、2006年には以下のグラフに
あるように放送本数がピークを迎えます。


Tv_anime_2
↑クリックすると拡大します。
  “AnimeJapan2014” コンプリートガイド アニメビジネス産業データより

 現在でも年間160ほどの新作作品が放送されているのです。
 (因みに1997年までは、以前からの継続作品と新作作品を合わせても、年間80~90
 くらいでした。以前からどれだけアニメ作品が増えたか分かりますね。)


 さて。
 上述のように、深夜アニメの目的は、DVDやBlu-rayを視聴者に買ってもらうこと。その
ため、20歳以上のアニメファンを想定したマニアックな作品が多いのが特徴です。視聴
者に対してより興味を引くコンテンツのほうが買ってもらえる可能性が高くなるわけです。


 中でも男性ファンが興味を引く対象というと、以下の2つ。すなわち、
 「美少女」と「メカ」。

 無論、この2点を押さえたからといって、必ずしもヒットするわけではないのですが、まず
ここを押さえておくことは必須というわけですね。

  “ガールズ&パンツァー(ガルパン)”もそんな法則に則っているわけです。


 さらに、 “ガルパン”は、茨城県大洗町が舞台。
 最近は、実際の風景をロケハンして、アニメの背景として取り入れることは、ごく普通
のこと。リアリティが出るという側面からそうしていると思っていましたが、違う側面もあっ
たらしいです。つまり、架空の風景を一から作るよりは、ロケハンして実際の風景を写真
に収め、それを元に背景を作った方が、あれこれ背景を考えるより手っ取り早いというこ
ともあるらしいです。


 いずれにしても、アニメの背景に実際の風景が映像として取り込まれていると、ファン
としては、その場所を訪れたくなる。これが、いわゆる「聖地巡礼」というやつですね。
 最近はこんな感じのサイトがあるくらいです。一例ですが。

http://kbas.ifdef.jp/burari_eupho.html

 「聖地巡礼」が一般に行われるようになったのは、2007年に放送された “らき☆すた”
の存在が大きいと言われています。 “らき☆すた”は美水かがみ原作の4コママンガ。
オープニングに埼玉県鷺宮町の鷺宮神社などが出てくるシーンがあり、そのため、アニ
メファンが同神社に多数来訪するようになったとのこと。地元商工会もオリジナルグッズ
の製作・販売を行っています。

http://d.hatena.ne.jp/paffue/20111016/1318712090

  “らき☆すた”以降、アニメ作品と地域のコラボレーションはよく行われています。その
全てで成功したわけではないようですけど、こと “ガルパン”については、大洗町とのコラ
ボレーションの成果は大きく、各種メディアでも報じられることになりました。

 例えば。

 毎年11月に行われる「大洗あんこう祭」。例年3万人ほどの動員数が、
 2012年 約6万人
 2013年 約10万人
 2014年 約10万人
 2015年 約11万人
の人が訪れたということです。

 2015年11月21日から完全新作の
劇場版が公開され、今も上映されています。
http://girls-und-panzer.jp/theater.html

 2015年夏の北海道ツーリングの帰り。「さんふらわあ」は大洗に到着します。そこで、
ちょっと「プチ巡礼」をしてみようと思いました。

(第1063段につづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月13日 (土)

第1061段:天幕物色中(6)

  さて、今まで検討したテント候補をまとめると以下のようになる。Tent1

↑クリックすると拡大します。

まず、重量が3kgを超えているものは、除外だな。
重すぎる。

あとは、大きさ(居住性)と収納時の大きさで、どれを選ぶかというところ。
まで、結論は出ていない。



にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ

にほんブログ村

2016年2月12日 (金)

第1060段:天幕物色中(5)

 それから「ARAI TENT」という選択もある。
http://www.arai-tent.co.jp/lineup/tent.html

 旅先のキャンプ場では、あまり見かけない気がするけど。
 軽量・コンパクトなことから、登山をする人がよく使っているのかもしれない。

 ツーリングに使えそうなテントは種類が多くて、

 
エアライズ2
 X-ライズ2
 トレックライズ1
 ドマドームライト2


 とある。
 
 どれも外張、つまりフライシートが別売りになっている。
 フライシートは必須アイテムだね。

 フライシートを入れても、上のテントの重さは2~3kgの間。これは魅力的だ。


 さて、目移りしてしまったけど、次回ちょっとこれまでの内容を一覧表にして、
整理してみよう。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月11日 (木)

第1059段:天幕物色中(4)

 アウトドアメーカーの老舗、Coleman。

 家族向けの大型のテントが多いイメージがあるけど、コンパクトシリーズというのもある。

 ここでテントを選ぶなら、 “ツーリングドームST”かな。

http://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N02060.html

 前室が大きく使い勝手は良さそう。ただ重量が4.4kgもあるのがネックかな。

 Colemanでもう一つ気になるテントは、 “タトラ3”。

http://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N03393.html

 こちらも前室を大きく取れる。重量は3.75kg。インナーテントを取り外せば、シェルター
として利用できるのは、snow peak の “カマエルドーム2”と同じだ。

 前室と重量ばかり気にしているように思われるかも、だけどこの二つは選ぶときの重要
な要素。テントの中にはあまりモノを置きたくない。テントの中はマットと寝袋くらいしか
置きたくない。

 ツーリングだと雨に降られることは普通にあることなので、濡れた荷物は前室に置いて
おきたいのだ。そのため、前室が小さいと置き場所に困ることなる。

 また、オートバイに積むので、収納時の大きさはなるべく小さく、重量はなるべく軽い方
がよい。

 前室が大きいということは、フライシートがそれなりに大きいということだから、重量は
重くなる方向。相反する命題をどこで折り合いをつけるか、ということですね。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月10日 (水)

第1058段:天幕物色中(3)

 あと、モンベルとダンロップ以外にも調べてみた。

 snow peak。

 このブランドだとFAL Series(ファルシリーズ)かな。
 大きさから「ファル2」が候補だろうか。

https://store.snowpeak.co.jp/page/8

 FAL2のインナーテントをフライシートにセットした状態からポールを挿入して、テントが
自立するまで20秒だという。

 また、インナーテントを取り外して、フライシートだけで自立できるので、この場合シェルター
としても使える。

 なかなか面白そうなテントだ。


 同じ snow peak で 写真家用の“カマエルドーム2”というのもある。
 重量は3.2kgと少し重いが、前室がとても大きい。

 ここに三脚を置いて、写真が撮れるというわけだが、前室が大きいのは魅力だ。


https://store.snowpeak.co.jp/page/267

 目移りするね。

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月 9日 (火)

第1057段:天幕物色中(2)

 あと、長年DUNLOPのテントを使ってきたということもあるので、やはりDUNLOPのライン
ナップが気になる ところ。  DUNLOP製で選ぶなら、今なら “ R Series ” の  2人用
3シーズンツーリングテント “R227” かなあ。


http://www.hcsafe.co.jp/t_rseries.html

 こちらのテントなら、緑色がある。

 テントの色は、目立つ色の方がよいという場合もある。雪山登山用のテントが大抵

オレンジ色なのは、周りが雪でも目立つ色だから。

 ただ、こちらは普通にキャンプ場などでキャンプするだけだから、おとなしめの色の方
が自分としては好みだ。

 ここは意見が分かれるところだろう。

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月 8日 (月)

第1056段:天幕物色中(1)

 天幕とは「雨露をしのぐために野天に張る幕」、つまりテントのことです。

第1017段:2015夏 北海道ツーリング記(2015/07/30)(2)~テント破損

で書いた通り、今持っているテントのメッシュ部分が切れてしまいました。

上のリンクで写っているテントはダンロップ ツーリングテント R-110。

いつ買ったのだろうと思って、かつて撮った写真を調べていたら1996年の夏から使い
始めたことが分かりました。

えーっ、そんな前? それって、20年も前ではないですか。 年齢、ばれちゃうな(^^;。

そりゃ、メッシュ部分が劣化して破けもしますわ。 むしろ、よく20年も持ったなと。

当然ながら、同型のテントはすでにダンロップで売っていません。

というわけで、新しいテントを物色中。

候補の一つはこれ。モンベル製 クロノスドーム2型。


https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1122491


色がイマイチ。オレンジ色と水色。自分としては、今持っているのと同じ、緑色がいいん
だけど、このシリーズには緑はない。悩ましい。。。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月 7日 (日)

第1055段:2015夏 北海道ツーリング記(2015/8/2)(7)~所感

 2015年夏の北海道。
 ツーリングの所感あれこれ。

・ 今回もあまり天気がよくなかったことが挙げられる。サラリーマンだし、天気に合わせ
 て旅に出るわけにも行かないから仕方ないのだけど。
  でも、ここ数年、7月下旬から8月上旬に 北海道に行くと、大抵曇りか雨の天気に遭
 うことが多い。北海道には梅雨がないのに、まるで梅雨のよう、と表現する人もいる
 ほど。せっかく北海道を旅しているのだし、天気がよいほうが走っていて気持ちいいの
 だけど。。。こればかりは仕方がないですね。

・ 毎度毎度思うのは、一人で行動していることをいいことに、時間にルーズになりがち。
 特にキャンプ場は21時には寝静まってしまうのに、その位の時間から夕食の支度
 をし始めたり。。。もう少しキャンプらしい時間でキャンプしないと、と思う次第(-_-;
  理想は、17時までにお風呂に入って、17~18時でご飯の支度。18時から夕日を見な
 がら夕ご飯を食べて、20時には寝る。これなら午前4時に起きても、8時間睡眠!
  普段の生活が夜更かし気味なのに、20時に寝付けるのか、ということはあるけど(^^;。

・ それから、びっくりしたのは、やはり商船三井フェリーの火災事故。その余波で、復路
 のフェリーが欠航したらどうする、と冷や汗をかいた。
  2等航海士の方がお亡くなりになってしまったのは、お気の毒なことでした。ご冥福を
 お祈りいたします。

  ただ、こういう事故が起こったからといって、フェリーでの旅をやめようとは思いませ
 ん。どこぞの国と違って、日本なら、船員さんは人命第一で動いてくれるでしょうから。

・ 次回、また北海道に行けたら、今度はのんびり旅をしたいですね。それこそ丸一日、
 キャンプ場にいる、というような旅でもいいのではないかと。でも、やっぱり観光して
 しまうかな。せっかく北海道にいるんだから、と。
  それでも、時間に余裕を持った旅をしたいなと、そう思います。

 今回で、2015年夏の北海道ツーリング記を終わりたいと思います。

 読んでくれた方。ありがとうございました。


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月 6日 (土)

第1054段:2015夏 北海道ツーリング記(2015/8/2)(6)~大洗上陸

 12:37、船長から船内放送が入る。大洗入港予定は14:00だったが、20分ほど早まり、
13:40頃になるということだった。つまり約1時間後ということになる。天気は晴れ。さすがに
関東地方にもどってくると、暑そうだ。
 下船の準備をする。

 14:15、大洗に上陸。

20150802_2285r

20150802_2286r

20150802_2294r
↑乗船した “さんふらわあ さっぽろ”を撮影。
 本当は、フェリーの近くでオートバイと一緒に記念撮影したかったところだけど、
 他の車の下船の邪魔になりそうだったので、フェリーターミナルから撮影。

 あとは家へ帰るだけ。
 家へ帰るまでが旅だけど、2015年夏の北海道ツーリング記は次回の旅の所感など
で終わろう。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月 5日 (金)

第1053段:2015夏 北海道ツーリング記(2015/8/2)(5)~船内散策

 引き続き、フェリー “さんふらわあ さっぽろ” を散策中。

Imgp5556r
↑Aデッキのレストラン(左手)


Imgp5558r
↑レストランはバイキング形式


Imgp5560r
↑2日目の朝食後は喫茶もやっている。

Imgp5553r
↑レストランの先にはキッズコーナーがある。
 撮影した時間が早かったため、子どもたちの姿はなかった。


Imgp5554r

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月 4日 (木)

第1052段:2015夏 北海道ツーリング記(2015/8/2)(4)~船内散策

 引き続き、フェリー “さんふらわあ さっぽろ”の中を散策しよう。

Imgp5527r
↑最上階(Aデッキ)のレストラン横のラウンジ

Imgp5528r
↑レストランの隣には、長距離トラックドライバー用のレストランがある。ただ、ここを
 出入りする人をあまり見かけなかった。

Imgp5530r
↑AデッキからBデッキを通じる階段

Imgp5531r
↑Bデッキ(だと思う)にあるソファ

Imgp5532r
↑下はCデッキにある案内所

Imgp5545r

Imgp5550r

Imgp5549r
↑船内のシアターでは乗船した日の夜20時と次の日の朝9時からの2回、
 映画を上映する。2回はそれぞれ違う映画だ。乗船したときは、ルパン三世を
やっていた(朝の回で)。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月 3日 (水)

第1051段:2015夏 北海道ツーリング記(2015/8/2)(3)~船内散策

 現在、大洗行きのフェリー “さんふらわあ さっぽろ”に乗船中。
 船内を散策したので、ちょっとそのときの写真を載せよう。

 まずはお風呂場。
 お風呂の中は、さすがに人がいると写真は撮れないので(^^;。

 ちょうど脱衣所が誰もいなくなるタイミングがあったので、撮影した。深夜便だと脱衣所
も簡素なのだけど、夕方便の “さんふらわあ さっぽろ”は、脱衣所も広い。マッサージ
チェアなどがあり、外の景色を見ながら休憩できる。

Imgp5512r
↑出入口

Imgp5507r
↑ロッカーは100円リターン式。

Imgp5508r
↑洗面台。カランは5つ。ドライヤーは2台。

Imgp5505r
↑マッサージチェア

Imgp5510r

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月 2日 (火)

第1050段:2015夏 北海道ツーリング記(2015/8/2)(2)~さんふらわあ さっぽろ

 ちょっと外に出て、 “さんふらわあ さっぽろ”のスナップ写真でも撮ろう。

20150802_2249r_2
↑Aデッキの外。船首方向を見る。写真中央が、ブリッジ。

20150802_2252r_2

20150802_2256r

20150802_2257r

20150802_2258r

20150802_2260r

20150802_2268r

20150802_2270r

20150802_2271r

20150802_2276r
↑少し もや がかかった。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2016年2月 1日 (月)

第1049段:2015夏 北海道ツーリング記(2015/8/2)(1)~朝風呂

 目が覚める。
 当然だけど、真っ暗。
 カジュアルルーム(2等寝台室)は、フェリーの中央にあるので、窓がない。同じカジュ
アルルームでもBデッキの船尾側のカジュアルルームは窓があるのだが。

20150802_2284r
↑泊まったカジュアルルーム


 また、スイートルームやデラックスルーム(和室)やスタンダードルームにも窓がある。
 まぁ、それなりの値段がする部屋だから、そりゃあ窓くらいあるでしょ。

 さて。
 腕時計で時刻を確認すると、4:57。旅の間は、午前5時起床にしていたからだろう。こ
んなに早く起きる必要はないのに(^^;。 二度寝する(^^;。
 次に起きたのは、約1時間後の6時過ぎ。

 急に思い立った。

 朝風呂に入ろう。

 朝風呂は、6:30から入れる。少し早く行っても大丈夫なので、6:20頃に行ったら、すでに“OPEN”の看板が立っていた。

 中に入ると、3人が入っていた。

 昨日の今日で、身体が汚れているわけではないので、軽く身体を洗って、湯船に浸かる。
 湯はちょっと熱いな。42℃くらいじゃないかな。
 どちらかというと、少しぬるいくらいの湯を長く浸かる方が好きだ。
 実際、その方が体が温まる。

 熱すぎる湯では、体の表面だけが熱くなり、体の芯まで温まらない感じがする。実際、
熱いから長時間は入っていられないし。

 5分ほどで切り上げて、風呂を出た。

 着替えたその足で、Aデッキ(第7甲板)のレストラン横の展望スペースに行く。
 一人が座っているだけだった。

 やった!(^^) ここの席をゲット。このあと、大洗港入港前までここに居座ることにしよ
う。
 
(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

日めくりカレンダー

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ村

ブログランキング

アクセス解析

無料ブログはココログ

Google Analytics