« 第914段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/5)(7)~南海フェリー | トップページ | 第916段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/5)(9)~オーシャン東九フェリーの “おーしゃんうぇすと” »

2015年9月17日 (木)

第915段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/5)(8)~オーシャン東九フェリーの “おーしゃんうぇすと”

 フェリーは9:30に徳島港に入港した。徳島港フェリーターミナル前で並んでいる
バイクと車は結構多い。


第910段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/5)(4)~痛い車発見 参照。)

 徒歩で乗船した人は数人くらいしかいないようだった。しかし、車で乗船した人の中に
は、家族連れも多い。家族連れは1等室なのかな?と思っていたら、通されたのは、最
上階7Fの定員170名の2等室(カジュアルルーム)。ライダー達もその2等室に案内され
ていた。


第911段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/5)(5)~オーシャン東九フェリーにて 参照。)

 
 すぐにフードスクエアはすぐに人でいっぱいになった。
第912段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/5)(6)~オーシャン東九フェリーにて 参照。)

 フェリーは定刻の11:30に徳島港を出航した。

 フードスクエアでは12:00-13:00の間、うどんやカレーなどの軽食を販売するが、12時前
からすでに列ができていた。

 12時になると、フードスクエアが営業している旨の船内放送が入った。

 フードスクエアはさほど大きくないため、うどんやカレーを買った人が座って食べること
ができない人もいた。そもそもこのフェリーはテーブルや椅子が少なすぎる、と思う。

  “おーしゃんうぇすと”の展望風呂について。

 もっとも男性用風呂についてだけ記す(当たり前だが(^^;)。しかし、女性用風呂も同じ
だろうと予測する。フェリーの構造上、スペースが同じだから。。。

 脱衣所は狭い。大人4人も入ると身動きが取れないほど。脱いだ衣類はかごに入れる
方式。従って貴重品はおけない。入り口のところに財布などが入れられる100円リターン
式のロッカーがあるので、貴重品はここに入れる。


 洗面台は2つ。コンセントはあるが、ドライヤーはない。

 扇風機はないが、小さなダクトから微風が流れてくる。 体重計もなし。

 風呂の内部はカランが6。なぜか洗面器が5つしかない。洗面器を持っていく客もいな
いだろうから、初めからないのだろう。

 ボディソープ、石鹸、リンスインシャンプーは備え付けられている。

 風呂の大きさは36×17。もっともこれはタイルの数である。ひとつのタイルの大きさは、
100mmと思われるので、つまり3.6m×1.7mということになる。

 展望風呂というくらいなので、当然窓はある。


 全体的な印象として、 “狭い ”。
 風呂も脱衣所も。

 人が増えて、夕方から夜になるとお風呂に入る人が増えると考え、15時ごろ入りに
行った。
 同じことを考える人が多いらしく、お風呂には常に5~6人の人がいたので余計に
そう感じたのかもしれない。

(つづく)

 
にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

« 第914段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/5)(7)~南海フェリー | トップページ | 第916段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/5)(9)~オーシャン東九フェリーの “おーしゃんうぇすと” »

2015GW_瀬戸内海ツーリング記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« 第914段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/5)(7)~南海フェリー | トップページ | 第916段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/5)(9)~オーシャン東九フェリーの “おーしゃんうぇすと” »

日めくりカレンダー

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログ村

ブログランキング

アクセス解析

無料ブログはココログ

Google Analytics