« 第867段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/2)(9)~今治城 | トップページ | 第869段:北海道ツーリングから帰着しました »

2015年8月 1日 (土)

第868段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/2)(10)~今治城

20150502_0406r

20150502_0402r

『日本屈指の海城(うみじろ)

    今治城

 今治城は、江戸時代のはじめ頃、築城の名手 藤堂高虎(とうどうたかとら)が瀬戸内海
に面した海岸に築いた名城です。軟弱な地盤(砂浜)にも関わらず、伊予半国(現在の愛
媛県の約半分)20万石の大名にふさわしい城郭を技術の粋を結集して築き上げ、高虎
の代表作となりました。広大な城郭とその城下町は、その後の今治市の発展の基礎とな
りました。

 今治城の特徴は、広大な水堀と高い石垣です。全国的にも大変珍しい海水を引き入れ
た海岸平城(かいがんひらじろ)で、日本三大水城(みずじろ)の一つに数えられていま
す。掘は、潮の干満で水位が変わり、海の魚の泳ぐ姿を見ることができます。

 現在の天守は、昭和55年(1980)に市制60周年を記念して再建されたもので、内部は
歴史資料館と自然科学館になっており、最上階からは市街地や瀬戸内海の島々、西日
本一の高さを誇る石鎚山などが眺望できます。

 また、御金櫓(おかねやぐら)は郷土美術館、山里櫓(やまざとやぐら)は古美術館に
なっており、鉄御門(くろがねごもん)・武具櫓は木造の復元建物として内部公開していま
す。』


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

« 第867段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/2)(9)~今治城 | トップページ | 第869段:北海道ツーリングから帰着しました »

2015GW_瀬戸内海ツーリング記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第868段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/2)(10)~今治城:

« 第867段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/2)(9)~今治城 | トップページ | 第869段:北海道ツーリングから帰着しました »

日めくりカレンダー

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログ村

ブログランキング

アクセス解析

無料ブログはココログ

Google Analytics