« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

第867段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/2)(9)~今治城

 

引き続き、今治城の鉄御門(くろがねごもん)について。

20150502_0392r
↑城内側から撮影

20150502_0395r
↑同上

20150502_0397r
↑同上

『(昨日のつづき)

 石垣修復には、重さ16t、表面積8.9m2の勘兵衛石を桝形正面中央に据え、出土
大築石(表面積2.5~5m2)は出土位置に配する等、遺構築石を全て再使用、不足
築石のみ地元大島産の野石(花崗岩)で補充しています。修復石垣の面積は計
337.1m2に及んでいます。

 高虎時代の桝形地盤面は海抜5.8mと思われますが、現地盤よりかなり低く、復元
は困難であるため、後世の久松期(海抜6.5~6.8m
)程度としています。これに伴い
門前の石段・雨落ち等は同時期の形態を復元しています。

 建築物は、鉄御門・東多聞櫓・西多聞櫓は岐阜県・茨城県産欅(けやき)材、背面冠
木のみ岩手県松丸太材を、東西多聞櫓は久万産他の檜(ひのき)材、小屋組は久万
産の杉材と島根県・鳥取県産松丸太を使っています。

鉄御門を初めとする7連棟の延床面積は769.2m2となっています。』

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月30日 (木)

第866段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/2)(8)~今治城

 まず、出迎えてくれるのは、鉄御門(くろがねごもん)だ。

20150502_0379r

20150502_0388r

20150502_0368r
↑クリックすると拡大します。


『鉄御門

 鉄御門の再建は、平成15年(2003年)「今治城築城・開町400年祭」の記念事業の
一環として計画されました。三の丸の大手筋にあたるこの郭(くるわ)は、総鉄板張り
の鉄御門を始め武具櫓・東多聞櫓・西多聞櫓の7連の櫓で形成されていましたが、
明治4年に焼失し、翌年には本丸・二の丸の建築群と鉄御門桝形正面石垣も撤去
されています。

 本計画は、鉄御門・東多聞櫓・西多聞櫓及び東西控塀の一連の建造物を市民の
寄付金により復元する事業です(武具櫓は昭和55年(1980年)再建)。

 上屋建物については、江戸時代末期の慶応3年、半井梧庵(なからいごあん)撮影
の写真と芳野家文書を復元の基礎資料とし、史跡今治城跡整備検討委員会の指導
のもとに設計されました。

 発掘調査については、事業開始にあたり平成16年(2004年)2月から史跡整備の基
本である試掘調査を行い、平成17年(2005年)10月から工事に伴う事前調査を開始
し、旧櫓台の根石や下部築石、門礎石(石灰岩の大石)が地中より検出されました。』


ちょっと長いので、今日はここまで。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月29日 (水)

第865段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/2)(7)~今治城

 今治城に10:23頃到着。駐輪場は自転車も停められるため、自転車だらけ。なんとか
オートバイを停めさせてもらう。

 今治城の周りの堀の写真を撮ったあと、城に向かう。

20150502_0344r

20150502_0348r
↑ソテツが植えられているところが、四国っぽい。

20150502_0357r

20150502_0362r
『このお堀には、大浜漁業協同組合・美須賀小学校の協力を得て、海の魚を放流
しています。    今治市 公園緑地課』

20150502_0364r
↑お城への入口。吹揚神社とある。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月28日 (火)

第864段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/2)(6)~今治を自転車で走るのは気持ちよさそうだ

 ところで、ここ今治は、歩道や自転車道がきれいに整備されている。こんな感じに。

20150502_0333r
↑先の巨大スクリューの道を挟んだ対面にある自転車置き場(手前の鉄棒にサドルを
かける)。写真中央奥には東屋もある。チャリダーが休憩できるスペースだ。


 こんな今治を自転車で走るのは、さぞ気持ちいいことだろう。

 10:15、スクリュー前を出発。

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月27日 (月)

第863段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/2)(5)~巨大なスクリュー

 JR今治駅を9:55に出発。

 駅前通りをまっすぐ行くと右手に大きなスクリューのモニュメントがある。

 思わず立ち寄る。

 世界最大級のコンテナ船のプロペラ(スクリュー)との説明書き。造船の街らしいモニュ
メントだ。

20150502_0317r
↑スクリューの直径は9m!

20150502_0320r

20150502_0321r

20150502_0322r
↑このスクリューを使うコンテナ船の写真

20150502_0332r
↑コンテナ船の進水式の模様のようですね。紙テープがすごい。

20150502_0324r

20150502_0325r

20150502_0327r_
↑クリックすると拡大します。

抜粋すると。。。

『造船の町 海事都市今治を象徴する
世界最大級のコンテナ船のプロペラ

直径  9m  6翼
重量  約93トン
材質  ニッケルアルミブロンズ製
製作  三菱重工業株式会社

使用船舶の要目

船種船型  8,100個積みコンテナ運搬船
船 名    MOL COSMOS
船 主    正栄汽船株式会社
        (今治造船グループ)
全 長    320.37m
型 幅    46.00m
型 深    24.90m
総トン数   88,089
載貨重量  90,466トン
コンテナ数 8,102TEU

~中略~

 弊社は、1901年(明治34年)当地で造船業を創業して112年を迎え、
 地元への感謝の想いと、海運・造船・舶用及びタオル・縫製をはじめ
 とする当地域の各産業の更なる躍進並びに海事都市今治の末永い
 繁栄を願い、世界最大級のコンテナ船のプロペラを寄贈いたします。

 寄贈  今治造船株式会社
 グループ代表 檜垣俊幸
  2013年 3月吉日  』

 それにしても、直径9m、重さ93トンですか。
 これを回すだけでも大変ですね。

 こんなモニュメントがあるなんて、海事都市今治って感じです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月26日 (日)

第862段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/2)(4)~JR今治駅

 今治市に9時ちょっと前に入った。

 国道196号沿いのコンビニに立ち寄り、空き缶とゴミを捨てさせてもらい、代わりに野菜ジュースを購入(^^;。 ちょうど買っているときに9時になった。9:10出発。

 9:20頃、JR今治駅に行き、いつもの駅舎をバックにオートバイの写真を撮る。

20150502_0297r_

20150502_0302r

20150502_0303r

20150502_0304r
↑今治城の鉄御門(くろがねごもん)再建の碑がある(平成19年(2007)9月吉日)


 オートバイは、駅舎の端にある、公衆トイレ前に移動した後、駅へ。構内の観光案内所
でしまなみ海道のパンフレットをゲット。駅のスタンプを探すが待合い所にはなく、駅員
に聞いて、改札内にあることがわかり、押させてもらう。今治駅はしまなみ海道に近く、し
まなみ海道を自転車で行く人も多いため、自転車を分解、または折り畳んで輪行してく
る人が多い。そのため、駅前には、自転車を組み立てるスペースがある。

20150502_0305r

20150502_0307r
↑JR今治駅構内にある自転車組立場

20150502_0309r

20150502_0311r
↑空気入れとマルチツール2個が備え付けられている

20150502_0312r

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月25日 (土)

第861段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/2)(3)~東予運動公園出発

 再び海浜広場に戻ってきたのはキャンプ場を出発してから25分くらい後だった。

 朝食のパンとヨーグルトを取りつつ、撤収作業を再び始める。

 テントはやはり内側がすごい濡れている。海浜広場の下は砂地なので、この結露は呼
気によるものなんだろうか?

 日の当たる場所で乾かすことにする。インナーテントのボトム(底)も太陽に向けて乾
かす。

 8時頃、撤収完了。
 ポメラで日記をつけて、現在8:23。

 さて、出発しようか思った矢先、ゴミ袋がないことに気づく。辺りを見渡すと少し先にゴ
ミが散乱していた。カラスの仕業だった。まったくゴミを漁れば餌にありつけると、変な知
識を身につけたから、こんなことをする。ごみをかき集めてから8:37出発。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月24日 (金)

第860段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/2)(2)~東予運動公園の朝

 ついでのことに、散歩がてらこの運動公園を一回りしてみよう。

 今いる海浜広場(キャンプ場)の前がサッカー場。その隣に立派な野球場。子供用のアス
レチック遊具、テニスコート、ウオータースライダーや流れるプールがある屋外プール、管
理棟も兼ねる大きな体育館。。。すごい施設だ。整備にどのくらいお金がかかったんだろ
うと思うくらい。まぁ、市民が健康的な生活をできるなら、それでよいのだろうけど。

 それにそのおかげで100円で野営できるのだからね。

20150502_0209r
↑野球場

20150502_0223r
↑5月らしく藤の花が咲いていた。

20150502_0225r
↑日時計。。。かな

20150502_0235r
↑サッカー場

20150502_0263r
↑屋外プール。5月だったので、当然プールはやっていない。でも、夏になったら、
 さぞ子どもたちでいっぱいなのだろう。

20150502_0267r
↑同上

20150502_0277r
↑サツキツツジが植えられた小高い丘がある。登ってみよう。

20150502_0282r
↑頂上にはアスレチックの遊具がある。

20150502_0286r
↑正面には、野球場がある。東側なので、朝日のため若干露出アンダー気味。

20150502_0289r
↑多目的グランド

20150502_0253r
↑東予運動公園の案内図。キャンプ場は図の上の方にある海浜広場がそれ。
 クリックすると拡大します。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月23日 (木)

第859段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/2)(1)~東予運動公園の朝

 また、腕時計のアラームが鳴る5時前に目が覚めた。どこか遠くで鶏が鳴いている。
 5時に起きだし、撤収開始。テントの中のものを整理し、寝袋、マットをたたんでから、テン
トの外に出た。まずは、カメラを持って、いつものテント周りの写真を撮影する。

20150502_0183r
↑ご覧のように、一人で野営。平日とはいえ、GW中なので、ちょっと珍しい。

20150502_0185r

20150502_0191r
↑朝焼けのため、まだほのかに辺りはオレンジっぽい。

20150502_0193r
↑炊事棟。奥にあるのが、事故があったというかまど。

20150502_0195r

20150502_0201r
↑『海浜広場の使用について』
 この看板があったので、届出をした。なかったら、そのまま野営していた(^^;。

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月22日 (水)

第858段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/1)(9)~キャンプ場には自分だけ

 国道196号を西条市方面に戻るが、食材を買うためのお店が全然ない。ようやくローソン
東予壬生川店が現れた。
 うーん。。。あまり夕食に使えそうな食材はない。まぁ、スーパーではないから仕方ない
のだけど。。。コンビニ弁当では、味気なさすぎるので、それは避けたい。

 結局、冷凍カット野菜、キャベツサラダ、お菓子、ビール(一番搾り500mL)、朝食用の
パンとヨーグルトを買った。現在、20:18。時間も遅いので、急いで運動公園に戻ろう。

 

 20:30過ぎ、運動公園に到着。海浜広場に行くと、私の他に宿泊客はいなかった。すな
わち一人で野営ということになる。

 一人なので、他の人を気がねしなくてよいため、洗濯物は夜露に濡れないよう、炊事
棟の下に干させてもらう。

 テントを張ったところで食事を作ろうとおもったのだが、電灯の明かりが前の木に邪魔
されて暗いため、電灯の明かりが当たる備え付けのテーブルと椅子のところにコッヘル
等を移動させ、ここで調理することにした。

 無風なので、ウィンドシールドせずにご飯を炊くことができた。冷凍の肉入りカット野
菜は、オリーブオイルで炒めて、だし、こしょう、塩で味付け。そうこうしているうちにご飯
が炊きあがった。

 今日の夕食は、玄米入りご飯、肉入り野菜炒め、キャベツサラダにビール。つまみにね
じり揚げのお菓子。食事としては質素だな。

Imgp3687r

 しかし、月を見ながらの食事というのもオツなものだ。

 22時頃、明日飲むための飲み物(紅茶)を作りおきする。全部で1.5L作り、500mLはポッ
トに入れる。残りの1L分は、熱いのでコッヘルに入れたまま放置しておき、冷まして明
朝ペットボトルに移しかえることにする。飲料代の節約だ。

 

 コッヘル、フライパンを洗い、歯磨きを済ませて、22:48消灯。

 

【5月1日データ】
オドメーター:73494.4km
5月1日の走行距離:180.3km

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月21日 (火)

第857段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/1)(8)~湯ノ浦温泉郷

 16:40頃、西条市の運動公園に到着。ずいぶんと大きい公園だ。野球場、サッカー場
(2面)、テニスコートなどなど。海浜広場というところがキャンプ場、らしい。

 看板を見ると、

 『キャンプ等により広場を占有する場合、団体、個人を問わず管理人まで届出をしてく
ださい。』とある。

 管理人って誰? 管理棟というのはどこだ? とりあえず一番大きい建物に行ってみ
る。すると、それが正解でそこが管理棟を兼ねていた。スポーツジムやシャワールームもあるらしい。

 受付でキャンプをしたい旨を申し出る。行政がやっているだけに、使用許可証を書かなければならない。

 気になる利用料金は。。。100円だった。

 100円!

 さすが西条市立。

 キャンプ場の場所は分かるか、との質問に分かります、と答えた。さっき見てきたから
だ。しかし、検査のため、係員の人が一緒にいって案内してくれるという。

 係員の軽トラックについていく。

 海浜広場に着くと、係りの人は、かまどの下を箒ではき始めた。

 4月にキャンプしていたとき、かまどのいちばん下のところにカセットコンロのガスカー
トリッジが2本、落ち葉に隠すように置いてあり、それがかまどを使っている最中に破
裂して、小学生の顔に当たったという。顔に縦筋のようなやけどの痕ができ、市が治
療費を賠償したということだった。それ以来、キャンプする者がいるときは、かまどを
必ずチェックするようになったという。ご苦労さまです。

 さて、17:15頃にはテントの設営も終わり、米をといで、水に浸けておく。

 すぐにお風呂に行ってこよう。管理棟のシャワーは無料で使えるという。時間は22時ま
でで遅くとも21:30までに来てくれれば入れる、ということだったが、旅に来て、温泉に入
らなければ、それこそ損というものだ。ここは温泉に行こう。

 ポメラ日記を付けたのち、17:50出発。

 18:15頃、『道の駅湯之浦温泉』にやって来た。しかし、ここには温泉施設はなかった。

名前が紛らわしいぞ。また、18時を過ぎているため、売店なども閉まっていた。

Imgp3675r

 ということで、道の駅の前の道を進み、湯ノ浦温泉郷に行く。いくつかある立ち寄り湯
の中で「四季の湯」にした。外の看板に450円とあったからだ(^^;。


Imgp3680r
↑湯ノ浦温泉四季の湯

Imgp3682r
↑同上


 ボディソープやリンスインシャンプーは備え付けられていなかった。まぁ、自前のがある
から別に構わないけど。

 内部は、内湯があつ湯とぬる湯の2つ、サウナ、水風呂、外に露天風呂と樽風呂。樽
風呂は直径1m位、深さ75cmくらいの金属製の樽に湯がはってある。皆が入れるよう、
最大15分でお願いします、と書いてあった。

 外は、まだ日の入り前なので、景色が見え、つつじが美しい。

 樽湯に入ってみた。樽湯は露店風呂と同じで外にある。少しぬるいがなかなか風情が
あっていい。

 カランは9、シャワー1。脱衣所は、洗面所2、ドライヤー2。異常にエアコンが効いて
寒いくらいなのが気になる。

 風呂から上がって、ポメラで日記をつける。現在、19:27。外はもう暗い。19:37出発。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月20日 (月)

第856段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/1)(7)~名水百選うちぬき

 ちょっと寄り道。
 西条市の西条高校近くに地下水(自噴水)がわき出ている箇所がある。石鎚山(1928M)
を主峰とする石鎚山系に源を発する加茂川によりかん養されているという。水質基準は適
合しているということなので、汲んでおく。塩素消毒していないので、汲み置きする場合は、
煮沸が必要、と注意書きにある。

20150501_0148r
↑下の2枚の写真は、上の写真のボールペンの先端の箇所から撮影したもの。

20150501_0139r

20150501_0144r

20150501_0155r

20150501_0150r

20150501_0152r
↑うちぬき
 西条市のいたるところにみられる自噴井です。この自噴水(地下水)は石鎚山
 (標高1982m)を主峰とする石鎚山系に源を発する加茂川によりかん養されて
 います。


20150501_0161r

 現在16:01。今夜の宿となるキャンプ場を目指そう。16:05出発。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月19日 (日)

第855段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/1)(6)~昼食

 国道11号は込んでいることもあり、途中県道13号との分岐で右に折れ、海沿いの道を
行くことにする。

 だんだんと上りになり、標高が上がる。右手下に海が見える。ワインディングになって
いて、交通量も少なく、なかなかの快走路だ。しかし新居浜市に入るととたんに交通量
が増えた。

 先の “道の駅とよはま ”で何も食べなかったこともあり、13:45頃、県道13号沿いにあ
る “イオンモール新居浜 ”に寄った。ここで何か食べよう。

 レストラン街は値段が高そうなので(^^;、2Fのフードコートに行く。讃岐うどんの丸亀製
麺があったけど、朝にうどんは食べたので避けて、石焼きビビンバ626円+サラダ97円
にした。トータル723円也(税込み)。量はちょっと少ない気がしたが、午前10時過ぎにうど
んを2玉食べたわけだし、このくらいがちょうどよいのかもしれない。

Imgp3674r
↑昼食の石焼きビビンバ。別に北海道名物での何でもないけど。。。(^^;


 食べ終わって、現在14:27。

 今日泊まるところを地図を見ながら検討する。今治市の国道196号沿いには温泉施
設が多い。その近くのキャンプ場(まずは運動公園)というところに行ってみよう。夕食
の食材を買う必要もあるが、これだけの街なら食材を買うところは考えなくてもいくらで
もあるはずだ。14:55出発。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月18日 (土)

第854段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/1)(5)~道の駅とよはま

 うどんを食べ終わって、現在10:37。一応これが朝食なのだけど、中途半端な時間だ。
とにかくしまなみ海道の方へ向かおう。10:50出発。

 11:50頃、137円/LのセルフのGSがあったので、給油する。給油量は6.08Lで231.5km。
オドメーターは73391.8kmだ。12:02出発。

 12:25頃、「道の駅とよはま」着。トイレ休憩する。時間がお昼なので、ここで何か食べよ
うと思ったのだが、レストランは改装中のため、やっていなかった。写真だけ撮って出発
する。12:41出発。

20150501_0133r

20150501_0132r

20150501_0131r

20150501_0134r

20150501_0123r
↑ここは夕日がきれいらしい。 夕日を見るための東屋もあるが、行ったときは、バンド
 公演をしていた。

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月17日 (金)

第853段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/1)(4)~本場の讃岐うどんを食す

 少し道に迷って、9:50頃、 “山越(やまごえ)うどん ”に到着。

 本当は、せっかく香川県にいるのだし、何軒か讃岐うどんの有名店を巡りたいところだ
が、今回は先を急ぐ旅。讃岐うどんを食すのは1軒だけだ。そこで、まぁ、雑誌に載るよ
うな有名店なら外れはないだろう、ということで、雑誌 『るるぶ』で調べてここにやって来
た次第。
 近くに来ると、観光客が押し寄せることを想定してか、路上に案内の人が立っている。
その人に従って、店の前の歩道にバイクを停めた。
 実際、乗用車は言うに及ばず、観光バスまでやって来る。観光バスのフロントガラス
には、

 “讃岐うどん巡り”

なんて書いてある。文字通り、讃岐うどんのはしごをしているに違いない。

 さて。 “山越うどん”でうどんを注文するには、店内からではなく、道路側からの入口か
らするようになっている。

 入口前に一列に並ぶようになっていて、10分くらい待った。9時開店だが、すでにずらっ
と人が並んでいる。店内の食事スペースも人でいっぱいだ。でも、食べているのはうどん
だから、お客さんの回転は早いだろう。

 並んでいるところに、メニューと注文の仕方を書いたパンフレットが置いてあり、それに
書かれている通りにすればよいので、初めてでも迷うことはない。製麺所だが、ようはセ
ルフ店と同じだ。

 ようやく順番が来て、釜上げ玉子山かけうどんの大(2玉)を頼んだ。それにトッピング
としてレンコン揚げを加えたら、値段は500円だった。

 味は美味美味。さすが、雑誌に載る有名店だけのことはある、という感じかな。

Imgp3672r
↑釜上げ玉子山かけうどんの大(2玉)
 注文するときは、略称で『かまたまやまの大、ひとつ』と言う(^^)。
 トッピングの天ぷらや あげ は、レジの前に自分で取って、上にのせる。

20150501_0093r
↑ “山越うどん ” こちらは出口。注文は写真右の細い路地の先の店先から行う。

20150501_0094r
↑店内の看板。営業時間と定休日に注意が必要。月~土の9:00~13:30まで。
 日曜日は定休日なのだ。

20150501_0106r_1
↑GW中とはいえ、平日(金曜日)、10:30頃撮影。それでこの行列。
 土曜日とか祝日はどれだけ人が来るのだろう。


20150501_0100r
↑ “山越うどん”のお店の壁に掲げられている案内看板。クリックすると拡大します。

20150501_0099r
↑うどんの量を選べる。4玉なんていうのもあるけど。。。(^^;

Imgp3670r
↑店内に掲げてあるメニュー。

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月16日 (木)

第852段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/1)(3)~とらまる公園出発

 一通り、とらまる公園を散歩した後、朝食にする。しかし、朝食はヨーグルトだけにし
た。この後、讃岐うどんを食べに行く。変則的だが、讃岐うどんを朝食にするためだ。

 すんなり撤収作業が進むが、テントに付いた露を乾かすのに時間がかかる。

 フライシートの露は外側よりもむしろ内側の方が多い。呼気による水蒸気と芝、土か
らの水蒸気だろう。フライシートは天日のあるところで乾かす。
 インナーもボトム(底)を太陽に向けて乾かす。
 パッキングを終えたのが、7:45。日記をつけて、7:55出発。

 8:15頃、県道10号線沿いの「道の駅みろく」着。トイレと道の駅の写真だけを撮り、8:25
出発。

20150501_0084r
↑道の駅 みろく

 8:30頃、コンビニが見えたので入る。キャンプで出たゴミを捨てさせてもらう。そのか
わり、ジュース1本購入(^^;。8:38出発。
 9:15、県道13号沿いの「道の駅香南楽湯」着。「湯」が名前に付いている通り、お風呂
に入れる道の駅だ。スタンプ目的で立ち寄ったが
、レストラン、売店とも開いていない。
10時開店か?

20150501_0086r
↑道の駅 香南楽湯


 先を急ぐ。9:22出発。


20150501_1r_

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月15日 (水)

第851段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/1)(2)~とらまる公園の朝

 ついでのことに、このとらまる公園を写真を撮影しながら、散歩をしよう。

20150501_0007r
↑夜明け。手前は大グランド。

20150501_0024r

20150501_0020r
↑一つ上の夜明けの写真は、この塔の2Fから撮影したもの。

20150501_0027r
↑中央は子供用の人形劇の劇場らしいです。

20150501_0030r
↑その中央の建物の扉に貼ってあったポスター。 “人形劇場とらまる座”とある。
 とらまるとは、このトラのキャラクターの名前らしい。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月14日 (火)

第850段:瀬戸内海ツーリング記(2015/5/1)(1)~とらまる公園の朝

 腕時計のアラームが鳴る前に目が覚めた。腕時計を確認すると、4:47。早! しばらく
そのまま二度寝(^^;。

 5時にアラームが鳴り、起床。

 テント周辺の写真を撮る。以前にも書いたことがあるけど、記録を残すため、野営したと
きは、テント周辺の写真を撮るようにしている。

20150501_0057r

20150501_0064r

20150501_0071r

20150501_0073r

20150501_0083r

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月13日 (月)

第849段:瀬戸内海ツーリング記(2015/4/30)(7)~よく話しかけられます

 マルナカ白鳥店に、19:30頃到着。
 食材を選んでいると、自称64歳という男性に声をかけられる。翼山温泉でも話しか
けら
れたし、今日は多いな。

 八王子から来たのか、と突然言われる。なんで知っているんだろう、と思ったが、オート
バイのナンバープレートを見たらしい。東さぬき市の名物は何だ、と問われ、答えに窮し
ていると、水族館の水槽で有名な日プラと、和三盆とハマチの日本初の養殖成功、とか
とか言っていた。

 調べると日プラは、本社が香川県木田郡三木町、志度工場が香川県さぬき市にある
ということなので、正確には東さぬき市ではない。

 あとここの市長が自分と小学校時代の同期だと言っていた。まぁ、おそらく言っている
ことに嘘はないのだろうけど、この話が長くて長くて(-_-;。こちらも適当に切り上げれば
いいんだけど、何となく途中で話の腰を折るのが悪くてずっと聞いていたら、遅くなり、
マルナカから出てきたのが20:20頃。


 とらまる公園には、20:40頃着。

 水に浸けておいたご飯を炊き、その間に洗濯ものを干す。

 NHKラジオでナイターを聞きながら、ビールで乾杯。今日の安全の感謝と明日以降の
安全を祈って。

 夕食は時間が遅いので、少な目。しかも調理しなくてよいものにした。ハンバーグを
買ってマルナカで電子レンジで暖めてきた。それとキャベツ千切り。それとビール(一番
搾り500mL)。

Imgp3658r
↑夕食公開(^^;

 お湯を沸かし、明日用の紅茶をつくりおきしておく。
 食べ終わったコッヘルを洗い、歯磨き、トイレ、日記付けを終えて、22:48消灯。 

 

【4月30日データ】
オドメーター:73314.1km
4月30日の走行距離:79.4km

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月12日 (日)

第848段:瀬戸内海ツーリング記(2015/4/30)(6)~翼山温泉

 お風呂は、来た道を少し戻ることになるけど、引田にある翼山温泉にいくことにする。とら
まる公園からだと直線距離で7~8kmほど離れている。

 18:10頃、翼山温泉に到着。

Imgp3652r
↑翼山温泉

Imgp3654r
↑その入口

 この辺りの日の入りは、ハンディGPSで調べると18:44。温泉に入っている間に日が
暮れてしまうが仕方ない。因みに明日の日の出は5:14だ。

 さて、温泉は400円也。リーズナブルである。

 温泉内は、カランが12。サウナ、水風呂、子供風呂(水深が浅い)、通常のお風呂(ち
ょっと熱め)、それにジャグジー。ボディソープとリンスインシャンプー
は備え付け。

 脱衣所は、ロッカーが100円リターン式が全部で50個。

 洗面台は4つ。ドライヤーは2つが備え付け。

 これで400円の値段設定はなかなか安い。

 お風呂から上がって着替えていると、脱衣所にいた男性に声をかけられる。
 
 オートバイで旅をしているのか? と問われ、そうです、と答える。

 ライディングウェアを着ているので、オートバイ乗りだと分かったのだろう。

 その後、今夜はどこに泊まるのかという話になって、とらまる公園キャンプ場だと答え
ると、よかったらうちに泊まるといいと言われる。

 四国はお遍路があるからだろうか、四国を旅していると、ときどきそういうことを言われ
ることがある。ありがたいお話しではあるが、無論、私はお遍路さんではないので、丁重
にお断りする。

 それにキャンプ場にはすでにテントも張っているのだし。

 19:13、翼山温泉を出発。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月11日 (土)

第847段:瀬戸内海ツーリング記(2015/4/30)(5)~とらまる公園

  とらまる公園に到着。到着した時間はちょっと覚えていないが、17時少し前だったろうか。

 随分と大きい公園だ。ただの公園ではなく運動公園だった。

 案内板を見ると、テニスコート、大グランド、体育館、ゲートボール場などがある。その
中にキャンプ場もあった。

20150501_0037r
↑とらまる公園の案内看板。ところで、 “とらまる”とは何ぞや?

20150501_0038r

20150501_0039r


 まずは、そのキャンプ場に行ってみる。
 北側の駐車場を過ぎ、さらに小さな駐車場の先にキャンプ場がある。
 しかし、駐車場から先は車輌進入禁止になっていた。
 そこで、オートバイを駐車場に停めて、徒歩で確認しに行く。
 登り坂を上った先にキャンプ場はあった。すでに5~6張りくらいのテントが設営
してある。
 車輌進入禁止のはずだが、オートバイが停めてあった。

Imgp3665r
↑キャンプ場利用の注意事項。
 まぁ、読むと一般的な注意事項だ。主なものは、
 ②車の乗り入れは荷物の積み下ろしなら可能。
 ③ゴミの持ち帰り(←これは当然)
 ④ペット禁止
 ⑤花火禁止
 ⑦浴室は18-22時まで利用可能(管理棟利用のときのみ)

 車の乗り入れは、荷物の積み下ろしのためなら可能なのか。ということで、オートバイ
はキャンプ場脇の道路まで、乗り入れさせてもらう。道路からさほど遠くないところにテ
ントを設営した。

 夕食用に米をとぎ、水浸けまでして、現在17:45。

 近くの温泉に入りに行こう。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月10日 (金)

第846段:瀬戸内海ツーリング記(2015/4/30)(4)~今回のルート

 ラーメンを食べ終わって、現在15:15。
 オートバイを停めたコンビニで、忘れてきたカミソリを買う。108円也。
 現在15:30。すぐ出発する。。。

---------------------*-------------------------*------------------------

 今回のツーリングの大まかなルートについて触れておこう。

 今回は、往路のフェリーは徳島港で下船する。復路のフェリーは新門司港から乗船
する。どちらも、使用するフェリーは “オーシャン東九フェリー”だ。

 タイトルが示す通り、徳島から瀬戸内海沿いをツーリングし、福岡県の新門司まで
行くというのが、考えている大雑把なルート。

 問題は日程的にかなり厳しいツーリングであること。

 徳島に上陸した今日は、4月30日。復路の新門司港からのフェリーは5月4日の19:00
出港。

 5日間もあるじゃないか、と思いますか? 
 やりたいことがいくらでもあるのです。

 1)徳島で徳島ラーメンを食べる。
 2)香川でどこでもよいので、有名どころの讃岐うどんを食べる。
 3)一度も渡ったことがない “しまなみ海道 ”をゆっくり見て回る。
 4)呉で “大和ミュージアム ” や  “てつのくじら館 (海上自衛隊呉資料館)” を見学
する。
 5)広島で原爆ドームを見たり
、本場のお好み焼きを食べる。
 6)宮島を見る。
 7)山口県の岩国で錦帯橋を見る。
 8)下関を観光する。

 などなど。
 移動時間も考慮すると、全ては無理と思われます。
 
 1)は達成済み。
 3)は “しまなみ海道”を通るルートを選べばよい。途中でどれだけ道草できるかは
  分からないけど。

 4)は是非見てみたい。しかし、この二つの施設を見学するだけで、丸一日使い切り
  そうだ。
 5)、6)は高校の修学旅行で訪
れたけど、また見てみたい。

 まずは、徳島を北上して、高松方面に向かおう。。。


---------------------*-------------------------*------------------------

 徳島から国道11号(R11)を高松方面へ走る。

 しかし、時刻も16時を過ぎて、そろそろ今夜の宿となるキャンプ場を探さないと。あま
り距離を稼いでいないけど、早く寝て、早く起きればよいのだ。2014年夏の北海道ツー
リングのようなルーズなキャンプにはしないようにしなければ。

 昭文社刊のツーリングマップル2015によると、香川県東かがわ市引田(ひけた)に “引
田町大地 ”というキャンプ場がある。ここに行ってみよう。

 実際行ってみると、オートキャンプ場という看板が出ていたので、入るのはやめた。
オートキャンプ場は総じて値段が高いのだ。

 この引田には、 大きな商家や赤壁の醤油醸造所などの町並が残っている、とツーリ
ングマップルには書いてあるけど、先を急ぐ。本当は見たかった。

 その引田から西の方向へ約7KMのところに “とらまる公園 ”というキャンプ場がある。
ツーリングマップルによると、『規模は大きくないが、充実した施設で快適に過ごせる』
とある。

 いいじゃない。ここに行ってみよう。


Tokushimatoramaru_park_20150430r

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月 9日 (木)

第845段:瀬戸内海ツーリング記(2015/4/30)(3)~徳島ラーメン

 14:40頃、JR徳島駅前に到着。駅舎をバックにいつもの写真を撮る。

20150430_0019r
↑あまりに駅ビル近くに行くと、JR徳島駅の看板が見えないし。。。
 かといってタクシー待機場では邪魔になるし。。。ということで、こんな距離から

 撮影。

 写真を撮った後、オートバイはコンビニ前に移動させた。ちょっとここに駐車させても
らって、徒歩でJR徳島駅に行き、スタンプをゲット。

 駅には、自動改札機がない。それがかえって新鮮に映った。東京では、いまやどの駅
でも自動改札が当たり前のように設置されているから。


20150430_0021r
↑JR徳島駅。改札に自動改札機がない。こちらではこれが当たり前か?



 その後、ちょっと遅い昼食を食べることにする。せっかく徳島にいるのだから、徳島ラ
ーメンにしよう。現在15時。

 徳島駅前にある『支那そば よあけ』。

20150430_0023r
↑JR徳島駅前にある “支那そば よあけ”

Imgp3651r
↑そのメニュー。

 支那そば(小)500円+煮玉子100円 にした。

 超美味。(小)にしたため、ちょっと量が少ないけど、このあと、あまり時間をおかないで
夕食の時間になるため、ちょうどいいだろう。


Imgp3649r
↑JR徳島駅前にある “支那そば よあけ” の 支那そば(小)+煮玉子。
 また食べたいと思う。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月 8日 (水)

第844段:瀬戸内海ツーリング記(2015/4/30)(2)~徳島上陸

 急いで部屋に戻り、荷物のパッキングをする。

 パッキング中に車両甲板へのオートバイ・自転車の乗客への案内が始まった。

 しまったなぁ。少し社長さんと話し込み過ぎたか(^^;。

 パッキングを済ませ、車両甲板へ下りる。

 13:27、徳島港上陸。

 乗ってきた『おーしゃんのーす』の写真を撮る。珍しくかなり近くで撮ることができた。
 普通は、近寄れないものなんだけど。

 20150430_0011r
 ↑オーシャン東九フェリーの “おーしゃん のーす”
  “のーす”は “North ”のこと。

 徳島港フェリーターミナルでトイレ、ポメラによる日記記入、荷物のパッキングし直し
をして、14:17出発。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月 7日 (火)

第843段:瀬戸内海ツーリング記(2015/4/30)(1)~船内にて

 昨晩(自分としては)早く寝たせいか、腕時計のアラームをセットしなくても起きる。午前4
時と5時ごろに目が覚めた。6時に起きだし、オーシャンプラザに行く。

 オーシャンプラザとは、テーブルや椅子などがある場所で、ある決まった時間にだけ、う
どやカレーライスなでの軽食を販売するスペースのことだ。

 さすがにこれだけ早いと空いている。窓際の2人席を陣取った。

Imgp3644r
↑オーシャンプラザ、窓際の二人席。右舷(みぎげん)の船尾方向を撮影。

Imgp3645r
↑同上。今度は右舷(みぎげん)の船首方向を撮影。

 ここでパンと野菜ジュースの朝食を取る。

 8:30頃だったろうか、私がポメラで日記をつけていると、私の後ろの席に座っていた男
性から声をかけられる。

 因みにポメラとは、折りたたみ式のキーボードとモノクロのディスプレイを有する、電池
駆動のテキストデータ記録機、とでも言えばよいだろうか。主にツーリングで、旅の記録
に使っている。

第58段:pomera DM25

 閑話休題。その男の人は、福島で金属部品の加工・製造をしている町工場の社長さ
んだった。名前
は聞いていないけど、昭和18年生まれだと言っていたので72歳くらいと
いうことになる。バイクはハーレーダヴィッドソンに乗っているということだった。

 なんか、意気投合してしまって、その方といろいろ話し込んでしまった。と言っても、ほ
とんどは相手が話して私は聞く側
だったのだけど。

 話すうちにその人の従兄弟の息子が、自分と同じ会社の愛知県の事業所にいるとい
うことがわかった。2014年度入社だという。世間は狭いもんだ。

 その人の話で印象に残ったのは、人の人生は、どれだけよい思い出をたくさん作れ
るか、だと。よい思い出をたくさん作った人ほど、充実した人生だと言っていた。

 うーん。。。哲学みたいだけど、まぁ、確かにそうかもなぁ、なんて思いながら聞いてい
た。

 旅の話とか、バイクのメンテナンスの話とか、とりとめなく話しているうちに時刻は13
時前。船内放送が入り、まもなく徳島港に入港するという。

 そこで、お互い旅の安全を願って握手をして分かれた。

 聞けば、復路も私と同じフェリーに乗るらしい。私は新門司から、その方は徳島港から。
だから、また会えるだろう。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月 6日 (月)

第842段:瀬戸内海ツーリング記(2015/4/29)(2)~乗船

 台場ICには、15:43頃到着。

 そのままAEON東雲店に行く。船内で食べる食材を購入するためだ。
 
 1年振りに来てみると、バイクの駐輪場だったところになにやら建物があって、バイク
を停める場所がない。仕方なく自転車を詰めてバイクの置き場を確保しようとしている
と、20代くらいの男性が、

 「あちらにバイクを停めるところがありますよ。」

と教えてくれた。お礼を言って、バイクを押して駐輪場まで行く。なんとかスペースを見
つけて、バイクを停めた。

 現在16:05。フェリーの乗船受付は17:30だから、1時間以上時間の余裕がある。

 AEONで買ったものは、

 夕食の弁当、キャベツサラダ、ビール(350mL)、発泡酒(350mL)、朝食用のパン、野
菜ジュース、ヨーグルト、つまみの袋菓子とチーかま。

 AEON東雲店を17:10頃出発。

 東京フェリーターミナルには、17:30前に到着した。

 乗船手続きをする。17:30にはなっていなかったが、すでに乗船手続きは始まっていた。ちょうど自分の番で乗船手続きをしている最中に放送で

 『まもなく17:30からオートバイの方の乗船を開始します』
というアナウンスが流れた。事前の情報より少し早いようだ。

 乗船手続きの際、二段ベッドの上下は選べるか尋ねたが、すでに下のベッドはいっぱ
いになっている、という回答だった。まぁ、別にいいけどね。上は少し上り下りが面倒なだ
けだから。

 17:40頃、乗船待ちのバイクの列に並ぶ。徳島行きは私の前に15台くらい。新門司行き
は7~8台くらい並んでいた。もちろんこれが全てではないだろうけど。

 フェリー “おーしゃんのーす ”の写真を撮っていると、すぐに乗船の指示が出た。

Imgp3638r
↑オーシャン東九フェリーの “おーしゃんのーす”。このくらい下がらないと全体が
 写らない。

Imgp3643r
↑ “おーしゃんのーす”は左舷(ひだりげん)の中央付近のタラップから乗船する。

Imgp3641r
↑乗船待ちのセロー。いつも通りの荷物の量(^^;。


 17:45頃、乗船。

 船室は、左舷(ひだりげん)の前の方の216室。4人部屋だった。すぐにシーツを敷い
てベッドメイキング。そのあと、お風呂に入りに行く。

20150429_0001r
↑手前の上段ベッドが割り当てられた。


 展望風呂なのだが、湯船はそれほど大きくない。カランは5つ。風呂のとなりにシャワ
ー室が3つある。お湯の温度は少し熱め。42~43℃くらいだろうか。長く浸かっていられず、10分くらいであがった。

 脱衣所の洗面所は2カ所だけ。そのうちの1カ所ドライヤーが設置してあった。以前は
置いてなかったと記憶している。

 

 さて、夕食をとろうと思うのだけど、時刻が19時くらいでちょうど食事時ということもあ
り、 “オーシャンプラザ ”と名付けられた食事スペースはどこも込んでいる。しばらく時
間をあけてから来ることにした。

 

 一度ベッドのところに戻る。
 るるぶで旅のプランを少し練ったあと、20時ごろ再び “オーシャンプラザ ”に行くと、ま
だ込んでいた。窓際の2人席は空いていなかったので、TVの前の席で、AEONで買って
きた弁当を電子レンジで暖め、食べる。食べ終わったら早々にベッドに引き上げて、ベッ
ドで明日以降のプランを練った。

 22時30分頃、就寝。

(つづく)

【4月29日データ】
オドメーター:73234.7km
4月29日の走行距離:64.2km

2015年7月 5日 (日)

第841段:瀬戸内海ツーリング記(2015/4/29)(1)~出発

 フェリーの出港日の関係から4/29の祝日の出発となった。昨年は、会社を早く退けて
きて、28日に出発だったが。

 東京フェリーターミナル(以後FT)発、徳島港経由新門司港行きフェリー、オーシャン東
九フェリーの『おーしゃんのーす』は、19:30に出航予定。17:30から乗船受付を開始する。

 13時頃出発すれば余裕で着けるだろう。

 ツーリングの準備の最後のツメ、荷物のパッキングの一部がまだ完了していないの
で、午前中に行う。

 もう少し早くから準備していればよかったのだが、昨日準備をしているときに、ポケット
ラジオの所在が分からなくなっていることに気がついた。なくした覚えはない。いつも持
ち歩いているディパックに入れていたはず。。。なんだけど。
 ツーリングのときにラジオがないと不便だ。ニュースや天気予報を作業しながら確認
できるからだ。

 ということで、急いで買いに行くことにした。インターネットで事前に情報を集め、検討し
た結果、以前持っていたのと同じSONY製のラジオにした。ワンセグのTV音声が入るも
のにしようかとも思ったけど、ワンセグのアンテナが外付けになっている。そうなると、な
くしたり、壊したりしそうだ。
 東芝製のは、ワンセグアンテナが内蔵してあるけど、デザイン的に今一つ。ということ
でワンセグにこだわるのは止めて、FM/AM 2バンドのものを午前中に買って来た。

 家に戻ってきて、お昼の12時くらい。軽くスパゲッティの昼食を取ってから、荷物のパ
ッキングとオートバイへの荷物の積み込みを始める。

 13時出発を目指していたが、14:45、自宅前で出発前の写真を撮る。

Imgp3629r
↑出発時のメーター 73170.5km からスタート
 旅仕様のバイクなので、洗濯ばさみは必須アイテム(ただし常時着けっぱなしだけ
 ど(^^;)



 14:53自宅出発。

 出発時のオートバイのオドメーターは、73170.5km(10.3km)(()はトリップメーター)。

 八王子ICに15:05到着。ETCのゲートを抜けたところで、左に寄る。ハザードランプを点
ける。止まったのは、現在時刻をメモするためだ。

 さて、出発。車の流れは順調だ。大きな渋滞もない。出発は遅くなったが、高速道路を
利用する場合、八王子ICから台場ICまでは、事故渋滞などがなければ、1時間かからず
に行けるはず。そこで、走行車線を80km/Hくらいで進む。

 途中、追い抜き車線を1台のバイクが通り過ぎる際、ピースサインを出した。こちらも左
手を挙げて挨拶する。

 珍しいこともあるものだ。ピースサインというのは、よく北海道をツーリングしていると、
ツーリング中のバイク同士がすれ違うとき、手を挙げて挨拶しあうという習慣である。も
ちろん知り合い同士ではない。

 ピースサインは必ずしなければいけないわけではない。他の地域ではほとんどこの
習慣はないのに、北海道だけは根強く残っている。。。まぁ、誰が始めたかは知らない
けど、良い習慣だと思う。


 呼び方は “ピース”サインだけど、文字通りピースをする必要はなく、左手を挙げるだ
けでもいい。

 それが、東京で見られることは滅多にない。それで珍しいと書いたのだ。

 さて、高井戸も過ぎて、中央道から首都高速に入った。
 なにげにオートバイのメーターに目を向けると、右のウィンカーが点滅している。
 「あれっ?」
 と思って、解除ボタンを押すけど、点滅は止まらない。点滅は左右のウィンカーともして
いた。

 『あっ! これって・・・』

 そう、ハザードランプ。これが点滅しっぱなしだ。ハザードランプを点けたのは、八王子
ICでバイクを左に寄せたとき。ということは、八王子から首都高速に入るまでずーとハザ
ード点けっぱなしで走っていたのか!? なんてことだ。

 『そうか、あのとき・・・』

 あのピースサインをしてくれたライダー。実は、ピースサインではなくて、

 (ハザードランプが点滅してるよ。)

と合図をしてくれたんだ。それをこちらは、ピースサインと勘違いして。。。

 思い出してみれば、あの時のピースサイン、少し変だなとは思った。手のひらを握った
り開いたりしていたから。今思えば、点滅を意味していたのだ。。。なるほど、ね。

 というわけで、ハザードランプは解除した。

 走りながら、一人苦笑いした。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月 4日 (土)

第840段:北海道ツーリング記(2014/8/3)(3)~旅の終わり

 船内放送が入った。大洗港への到着が30分程度早まり、13:30頃になるということだった。
 12:45、下船の準備に取りかかる。

 13:44、大洗港着岸。

 14:13頃、大洗上陸。


Imgp9568r
↑Eデッキは、先にトレーラーの搬出が行われた。


Imgp9576r
↑大洗港フェリーターミナル


Imgp9577r
↑商船三井フェリー  “さんふらわあさっぽろ”


Imgp9581r
↑同上。 最下層のFデッキに停めたオートバイが次々と下船していた。


 家に帰るまでが旅。
 しかし、 “2014年夏北海道ツーリング記 ”は、これで終了ということで。

---------------------*-------------------------*------------------------

 本ブログの右側の列、 “カテゴリー”で “2014年夏 北海道ツーリング
”をクリック
すると、ブログを書くときにそのカテゴリーで登録したすべてのブログの一覧が下の方
に表示されます。

それを見ると、ツーリング記を書き出したのは、2014年11月2日。

第602段:北海道ツーリング記(2014/7/25)~大洗港を目指す

から。それを見ると、各日のブログ記載数は、

2014/7/25    1
2014/7/26     13
2014/7/27      8
2014/7/28     23
2014/7/29     25
2014/7/30   120
2014/7/31    16
2014/8/1      11
2014/8/2       8
2014/8/3       3

   計    228

となっていて、単純計算で約7ヶ月半もかけて書いていたわけです。

なかでも、7/30の120というのが目を惹きますね。
“博物館網走監獄”のことを細かく書いていたのでこのようになったのですが、自分
でも書いていて、

 『これってツーリング記じゃないよなぁ』

なんて思っていました。

 ツーリングの旅先で、博物館などに立ち寄ることはよくあることですが、今後そのときの
ことをブログに書くときは、もう少しサラッと書きたいと思います。

 そして、その博物館の内容なりを詳細を書きたいときは、別にカテゴリーを起こそうと思
います。

 そうじゃないと、全体の流れが止まってしまいますからね。
 読者の数はそれほど多くないこのブログですが
(^^; 、それでも読みやすくしないとな
あ、と思っています。

 まぁ、ぶっちゃけた話をすると、そういう細かなことも書かないと、毎日書くネタに困る、
という裏事情もありますが(^^;。

 これまで、お読み下さってありがとうございました。
 今年の北海道ツーリングに出発する前に終わってよかった(^^)。

 次回から、今年(2015年)のGWの瀬戸内海ツーリングの模様を書きたいと思います。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月 3日 (金)

第839段:北海道ツーリング記(2014/8/3)(2)~船内ショット

  “さんふらわあ さっぽろ”の写真を少し紹介。

Imgp9549r

Imgp9552r

Imgp9553r_

Imgp9554r

Imgp9559r
↑子供向けに “キッズランド”がある。

Imgp9564r
↑売店の案内板。売れ筋商品の紹介、子供向けにスタンプラリーの告知など。
 商品は、商船三井フェリーのグッズや北海道、東京の土産物、お菓子などの食料
 品も扱っている。深夜便よりは夕方便の方が、売店は充実している( “さんふらわ
 あ さっぽろ ”は夕方便)。

(つづく)


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月 2日 (木)

第838段:北海道ツーリング記(2014/8/3)(1)~反省

 一度6:30頃起きるが、二度寝してしまい、次に起きたのが7:30頃。
 すぐに最上階、レストラン横のラウンジに行く。
 2人席が開いていたので、そこを陣取る。
 あとはもうずっとここにいよう。

 復路のフェリーに乗っている時間を利用して、今回の旅の反省をしよう。

 (1)一人旅をいいことに、あまりにも時間にルーズ過ぎる。
 (2)後のことを考えず、行き当たりばったり過ぎる。
 (3)モノの取り扱いがおろそかになっている。

 【(1)について】
 一度、テント設営、お風呂、夕食、ひいては寝る時間が遅くなると、次の日に起きる時
刻が遅くなり、出発も遅くなる。すると、1日で走る距離を稼ごうと夕方まで行動する。
すると、またテント設営、お風呂、夕食、寝る時間が遅くなる。。。という悪循環に陥って
しまい、それが最後まで修正できなかった。

 もう一度、キャンプの基本に立ち返った方がいい。

 キャンプ場は17時までに決める、お風呂は19時までに入る、食事は21時までに終わらす。すると、22時には寝ることができ、次の日午前4時に起きても6時間、午前5時なら7時間も睡眠時間を確保できる。

 今回、開陽台で日の出が見られなかったのも、このパターンが原因だ。

 

 【(2)について】
 8月2日。出発は「本別」だった。そのため、18:45出航のフェリーには、苫小牧までの距
離を考えても、遅くても出航の1時間前、17:45にはフェリーターミナルに余裕で着いてい
るはずだった。

 それが、帯広で時間を使いすぎた。帯広の滞在時間を、たとえば、スイーツを食べると
ころまでも含めて、1時間にするとか、それを越えたら途中でもあきらめるとか、そういう
自身を縛る決意が必要だ。

 そうでないと、だらだらと目的が達成するまで時間を使ってしまい、結果、あとの行動に
しわ寄せが行くことになってしまう。

 

【(3)について】 
 
 イレギュラーなことだが、クレジットカードを紛失した(あとで見つかったけど(^^;)。
 カードを使ったら、すぐに財布に戻すということを徹底しよう。

 また、今回の旅で、
  ・落として、デジタル一眼レフが故障した。
  ・サングラスをケースごと紛失した。

 ことは、どちらも、モノの扱いがぞんざいだから起こったことだ。
 しかもこの2件をリカバリーするには、どちらもお金がかかるのだ(-_-;。
 モノの扱いを気をつけるようにしたい。

Imgp9475r_2
↑ “さんふらわあ さっぽろ”の後部デッキ

Imgp9488r
↑ 8月2日 フェリー “さんふらわあ さっぽろ”より。 夏の空。

(つづく)

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2015年7月 1日 (水)

第837段:シューズ新調

 普段履いているシューズは、いつ頃から履き始めただろうか、というくらい前のもので。。。

 靴底やかかとの部分がすり減るのは当然として、ソールが剥がれてくるに至っては、いよ
いよ新調しなければ、ということで、6/20に買って来た。

 買いに行ったのは、家からはちょっと離れているけど、昭島にある “モリパーク アウト
ドアヴィレッジ”。

http://outdoorvillage.tokyo/

 ここは嬉しいことに、アウトドア用品を扱うブランドが集まっている。ここに来れば大抵の
ものは揃う、と思う。

 自分はアウトドア用品として mont・bell の製品を使うことが多い。その mont・bell も
アウトドアヴィレッジに店を構えている。

 アウトレット品でも無い限り、たいてい定価なのだけど、mont・bell 製品は直営店であっ
てもなくても、またAmazonなどの通信販売でもあまり値段が変わらない。

 一応、アウトドアヴィレッジで買えば、アウトドアヴィレッジのどの店でも使えるポイントカードでポイントが溜まるし、まぁ、いいかということでここで買った。

 何を買ったかというと、mont・bellの

 クラッグステッパー 26cm

にした。ソールのほどよい硬さが気に入ったためだ。色はダークネイビーとライトカーキ
があるが、1足ずつ購入。

Imgp4891r__2

 なぜ、一度に二足買ったかというと、交互に履くと靴の寿命が延びるためだ。

 これらのシューズがいつまで持つか、次にシューズを買うのはいつか。
その備忘録のため、ブログに記録しておく。

 因みに使い始めは、切りよく、今日(7/1)からだ。

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

日めくりカレンダー

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ村

ブログランキング

アクセス解析

無料ブログはココログ

Google Analytics